MENU

JA岡山

MENU

2020年4月1日

営農情報

麦類の粗タンパク適正化について

1.大麦

  • 粗タンパク含量の向上対策
    大麦の窒素吸収量は、春先から急上昇するので、分施体系の場合は化成肥料を用いた穂肥を施用します。
  • 穂肥の施用について
    幼穂長10ミリ期を確認して追肥し、粗タンパク含量の適正化に努めてください。
図

2.小麦

実肥の施用

  • 時 期:出穂10日後頃。
  • ねらい:粗タンパク含量の向上と粒重の増大。
<施肥のポイント>

実肥は粗タンパク含量の向上が最大の目的であるため、規定の施肥量を施すのが基本です。

  生育状況 施肥量(10a)
葉色が濃い 10kg
葉色が中程度〜薄い 15kg

※施肥量は硫安の場合

「ふくほのか」は粗タンパク含量が上がりにくいため、積極的に実肥を施用しましょう。

望ましい粗タンパク含量は、9.7〜11.3%です。
(許容範囲、8.0〜13.0%)

このページの内容については…

岡山市農業協同組合営農部 指導課

TEL 086-225-3224FAX 086-225-3207

〒700-8535 岡山市北区大供表町1-1

JA岡山ソーシャルメディア
公式アカウント

Instagram
YouTube
牧石ねぎ.com
笑味ちゃん天気予報
みんなのよい食プロジェクト
JAグループ岡山
全農おかやま
農業ポータルおかやま
岡山県
岡山市
玉野市
瀬戸内市
吉備中央町
e-Tax 国税電子申告・納税システム