広報担当ブログ

ジャガイモを収穫する児童

JA岡山女性部備南支部が「親子ちゃぐりんフェスタ」を開き、児童らがジャガイモの収穫体験を行いました。
児童らは、自分たちで一生懸命ジャガイモを掘っていました。

料理する参加者

収穫体験の後は、全員で採れたてのジャガイモを使ってポテトサラダを作りました。
みんな上手に包丁を使っていて広報担当員もビックリです。

おにぎりをにぎる児童

ポテトサラダの他にも、ゴマやワカメ、ゆかりなどを混ぜておにぎりを作りました。児童は、コツを聞きなが一生懸命おにぎりをにぎっていました。

完成品

見てください。このゴージャスな出来上がりを!!とっても美味しくいただきました。

スイカ割りをする児童

みんなで美味しくお昼ご飯を食べた後、みんなんでスイカ割りをしました。児童は目隠しをして、支部長の適切な誘導に従いながら見事スイカを割っていました。

かき氷を食べて舌の色が変わった児童

スイカ割りの後は、みんなでかき氷を食べました。食べ終わったあとにみんなに舌を見せてもらうと、緑や黄色に変わっていたので思わず撮っちゃいました(笑)
朝からたくさんのイベントが行われ、参加した児童は大満足の1日でした♪

キュウリを収穫する田渕さん

建部キュウリの取材にいってきました。
今年もとても美味しいキュウリに仕上がっています。
この度、取材に協力してくれたのが、JA岡山建部きゅうり部会の田渕武士さん。

拍動灌水装置

田渕さんは今年から、ソーラーパネルのついた拍動灌水装置を設置しました。
環境にもいいし、収量アップにもつながったそうです。

キュウリ

建部のキュウリは品質のよさから、市場からの評価も◎です。
皆さんぜひ食べてみてくさいね。

開講の挨拶をする藤田新二代表理事理事長

JA岡山では、色々なイベントを通じて地域の児童に農業と食の大切さを伝える食農教育に力を入れて取り組んでいます。
8月6日、JA岡山牛窓支所で、今年で4年目を迎えるJA岡山あぐりキッズクラブを開講し、管内の親子32人が参加しました。
全5回のあぐりキッズクラブの第1回目となる今回は、牛窓地区の冬瓜やそうめん南瓜について学んだほか、キャベツの種まきを体験しました。

開講式では、藤田新二代表理事理事長が「全5回のあぐりキッズクラブを通して、農業の大切さ、食べ物の大切さを楽しく学んでください」と挨拶しました。

冬瓜とそうめん南瓜を紹介する東部第4営農経済センターの山本センター長

参加した児童らは牛窓地区の冬瓜やそうめん南瓜についての講義や、農業にちなんだクイズ楽しんだ後、隣接する選果場へ移動してキャベツの種まきに挑戦しました。

キャベツの種まきをする児童ら

種まきはJA岡山牛窓キャベツ部会の服部弘一部会長がまき方のお手本を見せてくれました。
児童らは「キャベツの種を見たのは初めて。すごく小さいね」など話しながら、一粒ずつ丁寧に種をまいていました。
今回種まきしたキャベツは9月の第2講で植え付けを行い生育を観察していき、11月の第4講で収穫体験をする予定です。

牛窓産スイカ「赤い彗星」を参加者全員で試食

種まきが終わった後は参加者全員で牛窓産スイカ「赤い彗星」を試食し、冷たくて甘いスイカに舌鼓を打ちました。
「赤い彗星」は甘味が強い品種で、牛窓地区で生産されています。

JAあぐりキッズクラブは全5講が予定され、12月に閉講式を行なって児童に修了証書を授与します。

審査する審査員

8月4日、JA岡山西部第一営農経済センターで「おかやま夢白桃」の共進会が開かれ、入賞7点とキッズ特別賞1点が選ばれました。
「おかやま夢白桃」は大玉で高糖度。県の次世代フルーツとして産地化が期待される品種です。
審査員は、真剣な表情で審査していました。

おかやまの桃 宣伝部長のはっぴーち

そこへ現れたのが、おかやまの桃の宣伝部長「はっぴーち」
モコモコの体に大きな目、とっても可愛かったです。

はっぴーちの可愛いお尻

はっぴーちの可愛さは前だけじゃないんです。お尻もみてください!!ピンクのモモの形をしているんです。可愛いでしょ(笑)

試食が行われたテント

8月5日には、はなやか中央店でおかやま夢白桃の試食、アンケート調査が行われました。
味見をされた方は、モモの甘さに驚いていました。
皆さんぜひ1度食べてみてください!!

生地をのばす部員

ぱれっと9月号の地産地消deクッキングの取材に行ってきました。
今回は女性部玉野灘崎支部玉野地区が米粉を使ったクッキーに挑戦です。
生地を丁寧に伸ばした後クルクル巻いて、オーブンでチン♪♪

完成したクッキーを手にする部員

簡単に作れるちゃうのに見た目はとってもオシャレ!!もちろん味もアッサリしていてとても美味しかったです。
レシピは9月号までのお楽しみ。皆さんぜひぜひチャレンジしてみてください!!

完成品

完成品のクッキーの後ろにあるドリンクは、同支部自慢の「山桃シロップ」を水で薄めたものです。
山桃シロップはすっきりとした甘みでとても飲みやすいです。玉野市槌ヶ原にある道の駅みどりの館みやまや、農産物直売所はなやか中央店、南店で販売しています。クッキーと一緒にぜひお試しください。

買い物客で賑わうテント

7月29~30日の2日間、クレド岡山ふれあい広場で「北区産直市(ベジ・フルマルシェ)」が開かれています。
旬の農産物が格安で販売されているとあってたくさんの来場者で賑わっていました。

試食する来場者

次世代フルーツのPR試食コーナーでは、シャインマスカットやモモの新品種なつごころが配られました。
食べた人はみんな美味しいと絶賛!!皆さんもぜひ食べてみて。

生産者のテント

広場では、生産者がナスやキュウリ、ピーマン、有機無農薬野菜、マスカット、メロン、モモ、ジェラートなどを売っています。
どれも新鮮で美味しいのでぜひ買って食べてください。
産直市は明日までです!!皆さんの来場まってます!

清水白桃を手にする三宅部会長と板野副部会長

県内有数のモモの産地として知られるJA岡山管内の一宮地区で地区の主力品種「清水白桃」の出荷が7月27日、始まりました。今年はやや小玉傾向ですが、平均糖度は13.3度と高く品質のよいモモが出来上がっています。
一宮選果場には生産者らが丹精して育てた清水白桃が次々と持ち込まれ、初出荷の日には、約2000㌔が岡山市場に向けて出荷されました。

選果場内で作業する作業員

JA岡山一宮選果場果樹部会では、モモに光を当てて糖度を計る光センサーや重量計測装置を使い、モモの選別を行っています。機械を使うことで、モモを傷つけることなく品質管理が出来、産地の信頼性を高めているのです。
三宅隆部会長は「今年も甘くて美味しいモモが出来た。ぜひたくさんの人に食べてもらいたい」と笑顔で話しました。

旭東支所1周年くじ箱

7月26日、JA岡山旭東支所が新事務所に移転してちょうど1周年を迎えました。

この日は、支所の全職員が、特別に用意したピンクのTシャツを着用して勤務しました。

また、サプライズイベントということで記念のくじを用意し、来所した利用者をもてなしました。

からくじなしの記念くじ

来所した利用者に、記念くじを引いてもらいました。

C賞から特賞まで用意された記念くじはからくじなし!

当選者にはちょきんぎょグッズなどのJAならではの記念品が贈られました。

旭東支所移転1周年の窓口

来所した利用者には、涼しげなTシャツ姿が好評でした!

旭東支所移転1周年記念写真

この日は移転1周年記念に花を贈ってくださった利用者もいらっしゃいました。

今後ともJA岡山旭東支所をよろしくお願いいたします。



【おまけ】
ピンクのTシャツは全員おそろいで、胸に「SexyNo1 Kyokuto」、首の後ろに支所番号の「010」があしらってあります。
窓口の女性職員がデザインしたそうです。
このTシャツを着て原付バイクで渉外活動をすると、とても涼しかったそうです。

岡山支部ちゃぐりんフェスタ

7月25日、JA岡山女性部岡山支部が今農産加工施設でちゃぐりんフェスタを開催しました。

ちゃぐりんフェスタは、家の光協会の子供向け雑誌「ちゃぐりん」にちなんだイベントで、子供の食農教育の一環で実施されているものです。

今回は、親子でうどんづくりとランチョンマットづくりに挑戦しました。

押し花を使ったランチョンマットづくり

うどんづくりとランチョンマットづくりは2班に分かれて作業しました。

うどんづくりでは、うどん粉と水・塩をまぜて元気よくこねました。

ランチョンマットづくりでは、それぞれ思い思いのデザインで押し花を並べ、ラミネートでマットにしました。

みんなでうどんを試食

うどんとランチョンマットが完成後、みんなでぶっかけ天ぷらうどんにして試食しました。

参加者はコシのあるうどんを美味しく食べていました。

デザートはカキ氷が振る舞われ、レモン味やシソジュース味のカキ氷に子供たちは大喜びでした。

記念写真

ちゃぐりんフェスタの最後には、ちゃぐりんの見本誌が子供たちに配られました。

会場の今農産加工施設前で女性部岡山支部メンバーと記念写真を撮りました。

皆さまお疲れ様でした!

JA職員と子供たち

【おまけ】
参加者の子供たちに大人気のJA職員。

下笠加トウモロコシ大収穫祭

7月23日と24日の二日間、瀬戸内市邑久町下笠加で「第13回下笠加トウモロコシ大収穫祭」を開催しました。

(ご注意:トウモロコシ大収穫祭は平成24年以降、開催の予定はありません)

会場は全国から集まった来場者でいっぱいになっていました。

自分で収穫すると、トウモロコシ8本500円で持ち帰れます!

岡山市から来場した親子連れの方も、熱心にトウモロコシ収穫をしていました。

当ホームページで案内をご覧になってご来場いただいたとのことで、ありがとうございました!

下笠加トウモロコシ大収穫祭

収穫したトウモロコシと記念撮影!

下笠加トウモロコシ大収穫祭

こんなにたくさん収穫しました!

下笠加トウモロコシ大収穫祭

来場者は皆、たくさんのトウモロコシをお土産にしていました。

トウモロコシの品種は甘味が強い「ゴールドラッシュ」です。

今年も出来がよく、甘くて美味しくしあがってるとのことです。

広報担当もお土産に購入し、美味しくいただきました!

来年もぜひ開催していただきたいです!

本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。
予めご了承ください。

このページの内容については…