広報担当ブログ

2019年04月15日

地域農業の活性化に企業CSR活動を活用

全員での集合写真

4月9日、吉備中央町加茂川地区で岡山ダイハツ販売株式会社の社員の皆さんが、JA岡山加茂川ぶどう部会のぶどう園地でビニールの被覆作業を行いました。

生産者とのビニールかけ作業

これは岡山県を代表する果樹の管理作業を体験することで、地域農業の活性化に貢献することが目的。各生産者の園地へ4~5人ずつ同行し、生産者、JA職員や普及指導センター職員から指示を受けながら農作業支援活動を行いました。

作業が完成した園地

人海戦術で15時にはほとんどの作業を終えることができました。今後も袋かけや収穫作業などのCSR活動を行う予定です。

本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。
予めご了承ください。

このページの内容については…