広報担当ブログ

2017年08月05日

旬の清水白桃など地元産果物・夏野菜を熱烈PR JA岡山果物・夏野菜フェアを開催

「清水白桃」をPRする「フレッシュおかやま」(右)と桃の妖精「はっぴーち」

 JA岡山は当JA管内の岡山市中区高屋にある株式会社山陽マルナカ高屋店で7月20日、JA全農おかやまと同店の協力で、旬を迎えた岡山市北区一宮地区産の「清水白桃」を始めとした同地区産の白桃、ブドウ、夏野菜の販売促進イベント「JA岡山果物・夏野菜フェア」を開催しました。
 同イベントは今年度からの初の試みです。今回は同社高屋店と益野店、平井店の3店舗で同時開催しました。高屋店にはJA全農おかやまの「フレッシュおかやま」叶迫さんと岡山県産白桃のPRキャラクター「はっぴーち」が駆けつけ、「清水白桃」を中心に白桃「白鳳」「なつごころ」やブドウ「ニューピオーネ」「オーロラブラック」「シャインマスカット」、夏野菜として「新タマネギ」「キュウリ」「ピーマン」「冬瓜」「ナンキン」「そうめん南瓜」等をPRしました。「はっぴーち」の登場に、買い物客の親子は写真撮影をするなど大喜びでした。白桃の試食には大勢の買い物客が立ち止まり、味の良さを体感したことで、次々と白桃を手に取って購入しました。キュウリとアスパラガスを使った簡単な料理も試食宣伝し、買い物客の購買意欲を高めていました。
 同店チーフの草野さんは「毎月20日・30日の『お客さま感謝デー』に合わせて、贈り物のピークのこの時期に、なかなか試食PRのない白桃の試食PRで味のよさを知ってもらうことができ、売り上げ増加にもつながる。今後もぜひ実施してほしい」と話しました。
 JA岡山では、8月1日~3日にも関西方面のマルナカ3店舗(西宮店、広畑店、住之江店)でJA岡山産の果物・夏野菜のフェアを開催しました。

本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。
予めご了承ください。

このページの内容については…