広報担当ブログ

2017年07月04日

目標出荷量550㌧、豊作を祈り祈願 JA岡山一宮選果場果樹部会モモ部青年部

桃の豊作を祈願する青年部ら

 JA岡山一宮選果場果樹部会モモ部青年部は6月19日、岡山市北区一宮の吉備津彦神社で桃の豊作祈願を行い、部員10人と家族らが出席。極早生の白桃「はなよめ」2㌔箱1ケースを奉納して桃の豊作祈願を行いました。この豊作祈願は4年前より行われており、6月18日に始まり8月中旬まで続く白桃の出荷が天気に恵まれ、今年の目標出荷量である550㌧を達成できるように祈りました。
 祈願の後には、部会関係者と一緒に訪れた地域の子どもらに白桃「はなよめ」が配られ、子どもたちは嬉しそうに桃を受け取っていました。
 同青年部の加藤部長は「今年も去年に負けないぐらい美味しい桃を全国の方にお届けできるように頑張っていきたい。また『桃といえば岡山』となるように、全国での岡山の桃の知名度・シェアを上げていきたい」と意気込みを話しました。

本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。
予めご了承ください。

このページの内容については…