特産品
白桃・ブドウ・梨を始めとした果物、千両なす、黄ニラなどの野菜、畜産物や加工品などをご紹介します。

野菜

千両ナス

濃い紫色で歯切れがよい皮と、密で柔らかい果肉が特徴の千両ナス。
炒め物、煮物、揚げ物、焼きなす、パスタなど、油との相性がよい野菜です。
味もしみこみやすく、加熱すると食感がなめらかになり、天ぷらやおひたしなど日本料理にもよく合います。
高品質の千両ナスは漬物用として京都市場に出荷され、高い評価を得ています。
出荷時期:9月~6月

パクチー

パクチーは「コリアンダー」、「香菜(シャンツァイ)」などとも呼ばれ、近年東京や大阪の都市部で注目を集めている野菜です。

パクチーには、皮膚や粘膜を健康に保ち抗酸化作用も期待されるβカロテン、コラーゲン生成や鉄分の吸収率を上げてくれるビタミンCが豊富です。
刻んでチャーハンや麺類に入れたり、ミートソースパスタなどのトッピングなど幅広く使えます。

出荷時期:周年

黄ニラ

黄ニラは、当地岡山の代表的な特産物で、岡山県三大河川のひとつ、旭川下流の砂壌土地帯で軟化栽培されています。

ニラは整腸、解毒、食欲増進などの効用があると言われており、ビタミン類も多く含まれ、昔から健康食品として重宝されてきました。そのなかでも黄ニラは、青ニラに比べて柔らかく、甘い香りと独特の風味があり、一度口にすると忘れられない食材です。

黄ニラは高級料亭や中華料理に使われる貴重な食材ですが、鍋もの、汁もの、炒め物、お寿司などに幅広く使えます。

出荷時期:周年

動画コンテンツ

果物

マスカット・オブ・アレキサンドリア

『マスカット・オブ・アレキサンドリア』は岡山を代表する果物です。
名前の『アレキサンドリア』が示すように、エジプト原産のぶどうであり、古くから栽培が行われていました。
『ぶどうの女王』と呼ばれ、香りが高く、上品なぶどうです。

出荷時期:6月~11月頃

ピオーネ

・昭和32年井川秀雄(静岡県伊豆長岡町)が巨峰を母、カノンホール・マスカットを父として交配し育成したもの。昭和46年にパイオニアと命名されたが、昭和48年にピオーネ(イタリア語で開拓者の意味)と改名し、種苗登録されました。ピオーネはポリフェノールが多く含まれ、大粒で、種がなく濃厚な味と酸味もあり、絶妙なバランスのとれた黒葡萄です。(巨峰より粒が大きく、肉質は締まったのが特徴です)果色は巨峰より濃い真黒色で光沢があり白粉(ブルーム)の乗りがよい。
出荷時期:8月~9月

シャインマスカット

◇シャインマスカットの由来について
・(独)農業・食品産業技術総合研究機構が昭和63年に育成。平成18年に品種登録した。安芸津21号(スチューベン×マスカット・オブ・アレキサンドリア)×白南(カッタ・クルガン×甲斐路)の交雑して育成した二倍体の系統である。 
◇品種特性について
・黄緑色の大粒、種がなく皮ごと食べられる。マスカット香があり、肉質よく食味に優れる。
・結実は容易で栽培しやすい。黒とう病には弱い。
出荷時期:9月~10月

富有柿

本種は日本で最も多く栽培されている柿です。
果皮は鮮やかなオレンジ色を呈し、果肉は柔らかく甘みがあり、果汁が多いのが特徴です。
『見た目よし、味よし』の富有柿。ぜひご賞味下さい。

出荷時期:10~11月頃

ヤーリー(鴨梨)

中国河北省付近が原産の梨で、日本には明治初期に伝来し、現在は西大寺東区西大寺の雄神・西隆寺・富崎地区で栽培が行われています。
『鴨梨』の名前の由来は『形がアヒルに似ているから』など諸説あります。
別名『香り梨』とも呼ばれ、果実からは甘く特徴のある良い香りがするので、香りと味の両方が楽しめます。
出荷時期:11~12月頃

清水白桃

岡山県清水地区で偶然発見された品種で、昭和7年に『清水白桃』と命名された歴史のある桃です。
果皮は白色で、ほのかに紅色を帯びるのが本種の特徴です。
肉質は緻密で、果汁は多く、甘みの強いももです。
出荷時期:7月下旬~8月上旬

おかやま夢白桃

『おかやま夢白桃』は岡山県のオリジナル品種です。
果皮は優しい白色を呈し、他品種に比べて大玉、果汁が多いのが特徴です。
昨年行ったアンケート調査でも、外観・味共に高評価を頂きました。
ぶどうの『シャインマスカット、オーロラブラック、紫苑』と共に次世代フルーツとして岡山県を盛り上げていくフルーツとして期待されています。
出荷時期:8月初旬頃

動画コンテンツ

このページの内容については…

購入をご希望の方は…