広報担当ブログ

収穫目前のマンゴー

瀬戸内市玉津地区の農業生産法人・神宝あぐりサービスさんの神宝マンゴー農園へ取材に行ってきました!

3棟のハウスでは鉢植えになった神宝マンゴーの木がずらりと並び、たわわに実ったマンゴーが収穫の時を待っていました。 
マンゴーは地植えが一般的ですが、栽培管理や品質の均一化、生産効率の面から鉢植えにしているそうです。
鉢植えにすることで糖度が高いだけでなく適度な酸味が加わり、深みのある味になるそう。
また、全てのハウスでは常時モーツァルトのクラシックを流しています。
マンゴーに愛情を注ぐことで、すくすくとおいしい実が出来ると農園長の小西仁志さんは考えているそうです。

この日は神宝マンゴー10ケースを岡山市場へ初出荷し、競りでは4Lの桐箱1個入りと3L化粧箱2個入りが2万円の高値が付いたそうです。


また、同社は岡山県の農業生産法人として、またマンゴー生産者として初めてJGAPを認証取得しています。
JGAPは、食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる認証。
灌水には吉井川の水をさらに活性炭ろ過装置を通した、飲料水としても使える水を使用しており、安全でおいしいマンゴーを栽培しています。

収穫できるマンゴー

ネットに包まれたマンゴーは完熟すると左の写真のように落下します。
大きく真っ赤に熟れていますね!

マンゴー農園で働く大塚さん

入社2年目の大塚美貴さんは、農園長の小西仁志さんと新入社員の出射千春さんと3人でマンゴーの世話をしています。
大塚さんは「今年のマンゴーは色付きがよく糖度も高いのでおいしさに自信がある。是非多くの方に召し上がって頂きたい」と話しました。

採れたてマンゴー

なんと、この日採れたマンゴーを少し頂きました!
とてもいい香りで、甘さ抜群!
取材させて頂いた上に大変美味しいマンゴーまでご馳走になりすみませんでした!
営業部長の遠藤さんと大塚さん、ありがとうございました。

株式会社神宝あぐりサービスのホームページ
http://www.shinpo-agri.co.jp/index.php?id=1

作業風景

6月1日に岡山市中区の沢田地区へ、柿の葉茶づくりの取材に行ってきました!
柿の選果場は、干している柿の葉のいい香でいっぱいでした!
JA岡山沢田生産組合の皆さんが総出で作業されていました。
早朝から山に入り、防除前の農薬がかかっていない状態の若い葉を枝ごと伐採して持ち寄り、婦人加工部が1枚ずつ丁寧に選り分けてちぎります。

数人がかりで柿の葉を3分程度蒸します。

選り分けた柿の葉を、機械で刻んだ後、蒸します。
数人がかりで3分程度蒸していくと、柿の葉の香りの湯気が立ち込めます。

1日に2回ほど混ぜ返します。

蒸しあげた柿の葉を1日2回ほど混ぜ返して、晴天なら3日ほどで柿の葉茶が完成します。
柿の葉の香りで美味しく、ビタミンCが豊富な柿の葉茶は、6月中旬から農産物直売所はなやか中央、南、東、北、津高店、と一本松直売所、黒井山直売所で販売されるほか、毎年大好評の沢田柿祭りでも販売されます。
婦人加工部の方のオススメでは、焼酎を柿の葉茶で割ると甘味があってとても美味しいらしいですよ!
毎年売り切れる人気商品なので、お買い求めはお早めに!

JA岡山のホームページがリニューアルいたしました。

こんにちは。(おはようございます。こんばんは。)
「JA岡山広報課」がお送りする初ブログです。
本日はJA岡山のホームページがリニューアルいたしました。
内容充実!前バージョンより大幅パワーアップいたしました。
twitter、Facebookにも参戦!!
なんだか急に近代化した感があるのは私だけでしょうか。
さらにこの機を利用して我々「広報課」がブログを始めました!!
是非是非ご閲覧くださいね。(もう見てくれてますね。ありがとう!!)
携帯サイトもはじめちゃいました。ちょっといろいろありすぎますので今日はこのくらいで、
twitter、facebook、携帯他、内容ご紹介については次回書き込みまでのお楽しみということで.....。
ではまた。ごきげんよう!!

このページの内容については…