広報担当ブログ

たくさんの来場者で賑わう紫苑の試食・宣伝のテント

県が推進するポスト次世代フルーツ「紫苑」の試食・宣伝の取材に行ってきました。
紫苑は晩秋から初冬に食べられる赤紫色の大粒ブドウで種はありません。糖度も高く食味良好!!会場ではたくさんの来場者が紫苑を試食していました。

紫苑を試食する来場者

来場者は「甘い」「美味しい」と言いながら紫苑を試食していました。
広報担当員も1粒いただきましたが、とっても甘くて美味しかったです♪

子供たちに人気のピオーにゃ

会場にはマスキャットとピオーにゃも登場し会場を盛り上げました。
子供たちに囲まれてピオーにゃも嬉しそう♪その姿がとても可愛かったので思わずシャッターを押してしまいました!またJA岡山はなやか中央店に家族みんなで足を運んでね♪

富有柿を収穫する部会長

JA岡山灘崎柿部会の部会長のほ場で、富有柿の収穫が始まったということで取材に行ってきました。ほ場に行くとあるある!!黄色く色付いた富有柿がたくさん実っていました。

美味しそうな富有柿

今年は味や大きさなど申し分ない出来となっているそうです。広報担当員もおすそ分けしてもらって試食しましたが、甘くてとっても美味しかったです♪

美味しそうな富有柿

今年は味や大きさなど申し分ない出来となっているそうです。広報担当員もおすそ分けしてもらって試食しましたが、甘くてとっても美味しかったです♪

ドラゴンフルーツを手にする生産者

ぱれっと「農を担う」の取材でドラゴンフルーツを栽培している大内さん農家のハウスに行ってきました!!
大内さん家族は現在、約10㌃のほ場でドラゴンフルーツを栽培しています。
その他にもシンビジウムやブドウも作っています。

ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツ??一体どんなフルーツだ?と思う方も多いのではないでしょうか?
ドラゴンフルーツは、種類が大体200~300種類もあり、メキシコが原産だそうです。色も赤と白と黄色の3種類あり、大きさもアボガド位の大きさをしています。

半分に切ったドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツの特徴は、キウイフルーツのように実の中に細かい種が多く含まれていることです。味はキウイフルーツほど酸味はなく、ほんのり甘い感じで、とてもサッパリしています。
そして何よりビックリするのが、外見と中身の色の違い!!全然違いますね。

ドラゴンフルーツを手にする生産者

現在、若手就農者の息子さんも頑張ってドラゴンフルーツを作っています。
岡山でのドラゴンフルーツの認知度はまだまだ低いそうなので、これからどんどん消費者の方にPRして認知度を高めていきたいと語ってくれました。

ドラゴンフルーツを使った加工品

ドラゴンフルーツの認知度を高めるために6次産業化にも積極的に取り組んでいます。
今回考案された加工品はチョコレートとお茶。まだ商品化はされていないそうですが、近々県内で発売予定なんだとか。楽しみですね♪
ドラゴンフルーツは、健康によいので皆さんもぜひ食べてみてください。
今回の記事はぱれっと12月号で掲載予定です。大内さん、取材協力ありがとうございました。

マツタケを手にするスタッフ

足守地区でジャンボマツタケが採れたとの情報を聞き取材にいってきました。
その大きさ約300㌘。広報担当員もその大きさにビックリしました!!

普通のマツタケとジャンボマツタケ

ジャンボマツタケは普通のマツタケのおよそ3倍!!
店員さんも巨大なマツタケに驚いていました。ぜひ食べてみたいですね。

きのこの店外観

このジャンボマツタケを販売しているお店は「掛畑 青空市 きのこの店」です。
マツタケの出荷は残念ながら10月末頃で終わってしまうそうですが、これからはマツタケに代わりシイタケが店頭に並ぶそうです。その他にもたくさんの果物や野菜も取り揃えています。
皆さんぜひ1度足を運んでみてください。
お店の住所と電話番号は以下の通りです。

住所:岡山市北区掛畑140
電話番号:(086)299-0825

大豆を洗う部員

JA岡山女性部玉野灘崎支部灘崎地区の大豆羊かん「灘ほまれ」の取材にいってきました。
灘ほまれは約30年前から作られている、伝統ある羊かんです。
この日は部員2人が、半日かけて20本の羊かんを完成させました。

大豆をミキサーにかける部員

大豆をよく洗ったあと、ミキサーにかけて大豆を細かくしていきます。

大豆と寒天をまぜる部員

大豆を細かく潰してこした後、鍋に入れて寒天と混ぜ合わせながら煮詰めていきます。

羊かんを包装する部員

型の中で冷やした羊かんを包装していきます。
ここまでにかかった時間はおよそ4時間。とても根気のいる大変な作業です。

灘ほまれ

価格は1本450円。JA岡山はなやか中央店や南店にて販売中。その他、JA岡山灘崎支所で毎週月曜日の13時~16時にも販売しています。

灘ほまれを手にする部員

灘ほまれは、大豆と砂糖と寒天のみで作っているのでヘルシーでとっても安全・安心です。
味もアッサリしているので、お茶やコーヒーとも相性バッチリ!!
皆さんぜひ召し上がれ!!

はなやか牛窓店オープン

JA岡山農産物直売所はなやか牛窓店が、日本のエーゲ海牛窓に新規オープンしました!

瀬戸内市牛窓町牛窓で10月14日、農産物直売所はなやか牛窓店が新規にオープンしました。
同店の建築は地域の要望にJAが応える形で計画。農業が活発な牛窓地区の特色を活かし、新鮮で安全、安心な農産物を販売し、地産地消に貢献していきます。

開店初日はオープニングセレモニーが開催され、JAの役員ら15人が出席。
堀川進経営管理委員会会長が「生産者と消費者の交流の場として、地域に愛される店舗づくりを目指す」と挨拶し、同JA経営管理委員らによるテープカットが行われました。

はなやか牛窓店オープン

開店前から買物客がたくさん来てくれました!

はなやか牛窓店オープン

開店すると店内は買物客で満員御礼状態です。

はなやか牛窓店オープン

買物客は、思い思いに花、野菜、果物や加工品など安全・安心な地元産農産物を購入していました。

はなやか牛窓店オープン

女性部せとうち支部の模擬店では、テンペコロッケや新鮮野菜を使った米粉入りかき揚げが販売されました。
こちらも大人気で午前中のうちにテンペコロッケは完売。
かき揚げも追加で作っても注文に追いつかないほど盛況でした!

はなやか牛窓店は、海水浴場も近く、絶好のロケーションなので、牛窓へ来られたらぜひお立ち寄りくださいね!

女性部西大寺支部

今回は、女性部西大寺支部の皆さんが米粉を使ったシフォンケーキを新たに開発されたので、取材に行ってきました!

皆さんとっても楽しく料理されています。

米粉シフォンケーキづくり

米粉や小麦粉をよく混ぜ、ケーキの型に流し込みます。

米粉シフォンケーキづくり

型をオーブンに入れて焼きます。

米粉シフォンケーキづくり

焼きあがって盛り付けるとこんなに素敵な米粉シフォンケーキができました!

とってもふわふわしていて、お年寄りや病気の方も安心の、甘味控えめで上品な味わいでした(^^)

米粉シフォンケーキ

女性部西大寺支部の西山なつ枝支部長は「安全・安心な地元の材料で作ったおいしいシフォンケーキを、ぜひご賞味ください」と自信を見せています。

米粉入りシフォンケーキは味彩館Aコープ西大寺店で、毎週木曜日調理し、数量限定で販売しています。
1個350円(税込)です。なくなる前にお早めにお求めください!
要望に応じて21センチサイズの注文販売もしていますよ。

福浜朝市の様子

今回は女性部福浜支部の朝市にお邪魔してきました!

女性部福浜支部は地産地消運動の一環として毎月第1月曜日の朝9時から、福浜支所前で朝市を開いています。
 10月3日の朝市では、部員が県産の大豆を使用して作った豆腐168丁を完売。その他、冬瓜、じゃがいも、ニラなどの自家製野菜、手づくり石鹸などを販売し、福浜支所に来所した利用者や、通りがかった買物客が買物を楽しみました。

福浜朝市で販売される手づくり豆腐

女性部が地元産の大豆と緑豆で作っている手づくり豆腐は大人気で、毎回予約が入るほど。
今回も完売でした。
緑豆で作った緑の豆腐も人気ですよ!

広報担当も豆腐を購入して帰り、頂きました(^^)
コクがあり、とっても美味しかったですよ~。

福浜朝市の様子

生産者と消費者がコミュニケーションできる場が朝市です。
安全・安心な農産物が手に入る朝市、皆さまもぜひお越し下さい!

福浜朝市、次回は11月7日の朝9時からです!

美味しそうなマツタケ

吉備中央町円城地区で、秋の味覚の代表格ともいえるマツタケの出荷が始まりました。形や重さ、味など、今年も例年通り申し分ない出来となっています。
「香りマツタケ味シメジ」と言われるほど、とても香りが強いマツタケ。箱に入れるとさらに高級感が増します。

丁寧に重さを測る職員

生産者が持ち込んだマツタケを、職員が重さや形、傷など丁寧にチェックして、箱詰めしていきます。

マツタケを持って微笑む職員

職員オススメの料理法は、お吸い物やすき焼などだそうです。
皆さんもぜひ今年はマツタケを買って秋を楽しんでみてはいかがでしょうか♪?

雄神ヤーリーの収穫

西大寺雄神地区で、岡山の珍果「鴨梨(ヤーリー)」の収穫が始まりました。

新高梨や愛宕梨も出荷しているJA岡山○ヲ梨出荷組合の入矢正已さんのほ場では、10月11日から鴨梨の収穫を行っています。

袋かけされた鴨梨を一玉一玉丁寧にもいで、コンテナに詰めて作業場へ持ち帰り、仕訳を行って約一か月間貯蔵します。
出荷は11月中旬から選果場に持ち込んで、共同作業で選果・荷造りを行い、12月中旬まで続きます。

鴨梨は中国原産で、鴨の頭に似た独特な果実の形状と芳醇な香りが特徴。甘味は淡く果汁が豊富で、食べ頃になると特有の芳醇な香りが楽しめます。
全国でも産地は同地区だけということもあり、岡山県の特産品として贈答品などに喜ばれています。

雄神ヤーリーの収穫

ヤーリーを収穫する入矢さん。

雄神ヤーリーの収穫

今年の出来栄えも上々で、入矢さんも大満足です。

入矢さんご夫婦

仲良く作業する入矢さんご夫婦。
これからヤーリーだけでなく、愛宕梨など出荷が忙しくなると思いますが、頑張ってください!

このページの内容については…