広報担当ブログ

大豆を揚げる部員

女性部興除支部が料理教室を開き、地元の大豆を使って揚げ五目豆と塩麹づくりに挑戦しました。

一晩水に浸けた大豆

揚げ五目豆の料理では、一晩水に浸けた大豆を使いました。

油で揚げた大豆

油で揚げる作業は大変そうでしたが、カリッと揚がった大豆はこんがりきつね色でとても美味しそう♪

Aコープ商品の塩こうじ

塩麹づくりで使う、今回の塩麹はAコープ商品の乾燥塩麹を使いました。お米は100%国産なので安心・安全です。

塩麹を混ぜる部員ら

部員たちは持参したパックの中に乾燥米麹と塩、水を入れてかき混ぜていきました。

油で揚げた材料を調味料の中に入れていく部員

塩麹を発酵させている間に先ほど油で揚げた大豆やレンコン、ゴボウと調味料を混ぜ合わせていきます。

ちなみにこの「揚げ五目豆」は広報誌「ぱれっと」のVol.31で紹介されています。作り方はJA岡山のHPから見ることができるので興味のある方はぜひ1度見てください。酢を使っているので身体にもいいし保存食にもばっちり。簡単に作れる料理なので皆さんもぜひ作ってみてくださいね。

塩麹を使った料理を紹介する厚生産業の関係者

塩麹づくりの後、厚生産業(株)の方から塩麹を使った鶏肉料理の紹介もありました。試食した部員さんたちは「お肉が柔らかい」「味も美味しい」などと大絶賛していました。

皆さんもぜひAコープ商品「米こうじ」で色々な料理に挑戦してみてください♪

集まった中国5県の原木シイタケ生産者

(財)日本きのこセンターが吉備中央町で、中国5県の原木シイタケ生産者の研修会を開き、足守地区で視察研修を行いました。

話をする足守椎茸部の部長

研修会には約80人が参加し、足守椎茸部の部長らと意見を交わしました。部長は今年度の栽培状況や管理方法などを説明しました。

ほだ木を見ながら意見を交わす部長ら

部長のほだ場を見学した他県の生産者からは「ほだ木が太く大きくて驚いた」「水管理はどうしているのか」などの質問があがっていました。

堆肥の製造現場を視察する参加者

部長は、廃ほだ木を利用した堆肥も製造しています。こうすることで、廃ほだ木の有効利用ができ経費削減につながるということです。こちらの堆肥は販売もしており、視察研修を終え部長は「来年は私も他県に勉強にいきたい」と話していました。

ポーセラーツでソーサーを作る参加者

JA岡山助け合い組織「かがやき」南支部の妹尾地区では今年度から、地域の男性高齢者を対象としたサロン「元気で長生きするぞ会」を始めました。男性を対象としたサロンはJA岡山管内でも初の試みです。

楽しそうに話をする参加者

この活動は今年6月、同組織の協力会員が地域の男性に声をかけスタートさせ、脳トレや健康教室、健康体操などを月に1回行ってます。現在は、65歳以上の地域の男性高齢者が12人ほど集まり、雑談を交えながらわきあいあいと活動しています。

参加者が作った可愛い柄のソーサー

10月3日には、JA岡山妹尾事業所で、地域の男性高齢者13人が集まり、ポーセラーツでソーサー(カップの受け皿)作りに挑戦しました。参加者は、リンゴやオレンジ、チェック柄など様々な柄の転写紙を好きな形に切って貼り付けながら、オリジナルのソーサーを作りました。

完成したソーサーを手にする参加者

参加者らは「家にじっといるよりみんなで楽しく物を作ったり、話しをするのが楽しい。いつまでもこのサロンが続いてくれたら嬉しい」と話していました。興味のある方はぜひ参加してみてください。

秋の新作を発表したJA岡山パン工房のスタッフ

JA岡山パン工房では今月から秋の新作米粉パンを商品化しました。「ブルーベリーボール」「チョコロール」「もっちりあんパン」「米ブール」の4種類で、スタッフがアイデアを出し合い甘過ぎず米粉のもちもちした食感を生かした商品に仕上げました。

とっても美味しい米粉パン

新作の「ブルーベリーボール」は地元産ブルーベリーをたっぷり使用。

「チョコロール」は米粉生地にチョコを巻き込んで作っています。

「もっちりあんパン」は、粒あんと求肥を入れて柔らかくて弾力のある食感に仕上げ、「米ブール」はシンプルなフランスパンに米印を描き、米粉パンをアピールしています。

足守メロンパン

新作の他にも、発売当初から人気の高い足守メロンパンもオススメです♪

値段は1個100円~。はなやか西店の他にもはなやか中央店など各店で日替わりで販売しています。詳しくはホームぺージのJA岡山パン工房のページでチェックしてみてください。

マスカットを買い求める来場者

岡山空港貨物ターミナル横広場で、津高ふれあいマスカットまつりが開かれ取材に行ってきました。この日は地域の子供たちによるステージや様々なイベントが企画され、たくさんの来場者で賑わっていました。マスカットの即売所でも市価より安くなったマスカットを買おうと多くの人が列を作って購入していました。

マスカットを売る生産者たち

即売所ではマスカットの生産者も販売をお手伝いしていました。忙しそうです。

マスカットの種飛ばしに挑戦する来場者

会場ではマスカットの種飛ばし大会も行われ、出場者は口に種を含ませて思い切り「プッ」と種を飛ばしていました。最高記録は一体何メートルだったのでしょうか?!

粒あてクイズ用のマスカット

種飛ばしの他にもマスカットの粒あてクイズもありました。ん~一体何粒あるんだ??全部食べて確かめてみたいです。

女性部津高支部のテント

女性部津高支部もテンペコロッケや野菜などを販売していました。テンペコロッケは大盛況ですぐ売り切れてしまったそうです。

とっても元気で明るい女性部メンバー

広報担当員もテンペコロッケを試食。カリッとしててとても美味しかった~♪また来年も美味しいコロッケよろしくお願いします。

津高支所の職員たち

津高支所の職員たちもスーパーボールの出店と飲料水販売を行い会場を盛り上げました!!皆さん1日お疲れ様でした。

銭太鼓

女性部西大寺支部は9月15日、西大寺支所でカルチャー教室発表会を開き、各教室が日頃の成果を披露しました。

 ステージでは、午前中は銭太鼓や太極拳、3B体操、パーランクやカラオケがそれぞれ披露された他、初めての試みでクッキング教室でわらび餅づくりが披露されました。また午後からは大正琴、コーラス、鈴心、傘踊りや、お手玉を使った女性部演舞が披露されました。

また 押し花、手編み、トールペイントや機械編み、手織機の展示などもあり、発表会は盛況でした。

写真は、おなじみ銭太鼓です。

太極拳

太極拳です。
気が集中していますね!

3B体操

3B体操。
3B体操とは、ボール、ベル、ベルターの用具を運動の助けとして使用しながら、全ての動きを音楽に合わせて集団で行う健康体操です。

パーランク

パーランク。
パーランクとは沖縄で使う手持ちの片張り太鼓のこと。
音楽にあわせて、皆さんの動きがまとまっていました。

カラオケ

カラオケ。
皆さんいずれも素敵な歌声と衣装で、観客を魅了していました。

クッキング教室

クッキング教室。
わらび餅を実演で調理し、試食しました。

やわらかくてとても美味しかったです。

押し花

押し花。

中央のナスの押し花ってすごいと思いませんか?

手編み

手編み。
とても細かい作業ですね。
縫い目が変わると色の違う糸に変えてあり、とても不思議な色合いがでています。

ばら寿司

お昼は西大寺支部のおすすめ料理のばら寿司を頂きました。
金糸卵や細かく刻んだゴボウなどが豊富に入っていて、とても美味しかったです。

大正琴

大正琴。
懐かしくなる音色が心地よかったです。

コーラス

コーラス。
透き通った歌声がとても美しかったです。

女性部演舞

女性部演舞。
女性部西大寺支部のメンバーによる演舞です。
お手玉を用いてユニークな踊りを披露してくれました。

鈴心

鈴心。
鈴子(すずこ)は鳥取県因幡地方で考案された民族楽器。
鈴心を両手に持ってダイナミックな踊りを披露しました。

傘踊り

傘踊り。
これもおなじみの傘踊りです。
鮮やかな傘を自在に動かして華麗に踊っていました。

大観衆

ステージや料理、展示品に直売品。
参加者も来場客も発表会をとても楽しんでいました。

レインボー体操をする部員

女性部玉野灘崎支部が灘崎文化祭を開催し、JA岡山厚生連の保健師さんからレインボー体操を学びました。

レインボー体操とは、JA共済が昭和58年より始め、JA女性組織の皆さんの心と身体の健康を保つため、長年にわたって取り組んできた健康体操です。

イスを使って足のストレッチを行う部員

皆さん日頃の運動不足を解消しようと一生懸命ストレッチしていました。

曲に合わせてストレッチする部員

体操中は、「明日 輝くために」という曲に合わせて皆さんノリノリでストレッチ。背筋がピンと伸びて気持ちよさそうですね。

部員が編んだ編み物

会場には、部員たちが作った編み物や置物なども飾られていました。近くで見るととっても可愛い模様がついていて、どれも売り物と見間違えそうでした。皆さんとても手先が器用でうらやましいです。

お手玉を披露する部員

レインボー体操の後、部員によるお手玉が披露されました。曲に合わせてお手玉を自在に操る姿はとても素晴らしかったです。しかも皆さん息ピッタリ!!さすがですね♪

から笠を踊る部員

お手玉の後は、笠踊りも披露して会場を盛り上げました。皆さんにはこれからも健康でいてもらいたいです。ストレッチ頑張ってください。

観察する生産者

 岡山農業普及指導センターは9月11日、JA岡山西大寺支所で平成24年度シャインマスカット持ち寄り検討会を開催し、岡山県下のブドウ生産者や市場関係者、JA関係者ら127人が出席しました。


 シャインマスカット「晴王」は平成18年に品種登録された新しい品種。果皮が黄緑色でマスカット香がある。大粒で糖度が高く食味がよいのが特徴です。種がなく皮ごと食べられるので消費者の獲得に期待ができます。


 検討会では生産者らが持ち寄ったシャインマスカットを観察して評価し、房形や糖度等を確認しました。また優良房を選んで解体し、栽培方法を説明。その後、お互いに試食して糖度や美味しさを確認しました。


 参考出展として他産地のシャインマスカットも取り寄せて展示し、生産者らは出来栄えを比較していました。

苗を買い求める買物客

 瀬戸内市邑久町豊原のJA岡山東部第4営農経済センターで9月7日と8日、毎年恒例となっている「秋の大感謝祭」が開催され、早朝から大勢の買物客が訪れました。

 感謝祭では農産物や女性部加工品、野菜苗や購買品などを販売。旬の管内産ピオーネ、瀬戸ジャイアンツ、シャインマスカット等のブドウは特別価格で販売されたこともあって順調に完売しました。

 また野菜苗も地域特産品の白菜、キャベツの苗600本、ブロッコリーの苗800本等が大人気のうちに完売しました。


女性部せとうち支部がおこわとばら寿司を販売

 女性部加工品では、おこわとばら寿司が販売され、特におこわが開店1時間程度で完売するほど好評でした。

広報担当も、ばら寿司を購入してお昼に頂きました。
地元産の具がたくさん入っていて美味しかったです!

楽しく会食

 JA岡山女性部は9月6日、西大寺支所で食料・農業についての地域内交流会を開催し、岡山医療生活協同組合、JA岡山青壮年部・女性部員、JA役職員ら85人が出席しました。


 交流会では、長船地区の伝統料理「どどめせ」等、女性部各地区の農産物を使った料理会食が行われ、出席者らは料理に舌鼓を打ちました。また、地域特産の旬の野菜の紹介や料理の紹介、参加している各組織の活動内容の紹介などが行われました。

青壮年部部長小高栄一さん

挨拶する青壮年部部長小高栄一さん。
黄ニラの生産者です。

ここだけの話、JA岡山青壮年部員はイケメン揃い!
未来の農業も安泰です。

女性部員が調理したお弁当

女性部員が調理したお弁当です。
右手前が長船地区の「どどめせ」。ばら寿司の元になったもともとの料理です。

広報担当も頂きましたが、どの料理もとても美味しかったです!

このページの内容については…