広報担当ブログ

2017年11月06日

「清水白桃」シラップ漬け好評

清水白桃スムージーを販売するJA岡山職員

 JA岡山では、同JA一宮中央選果場果樹部会モモ部の主力品種「清水白桃」を加工したシラップ漬けの生産を、JA岡山農産物加工施設一宮果樹有館加工場にて行っているます。これはJA自己改革の一環としての取り組みのひとつで、加工事業による農家所得の向上と、消費者ニーズの高まりに応えようというものです。
 商品は農産物直売所はなやか中央店で限定販売しているほか、イベントで販売。10月22日には、岡山市南区市場の岡山中央卸売市場で開催された「市場感謝デー」に出展し、旬の地元農産物を販売したほか、シラップ漬けをPRするため、その場でジューサー加工したスムージーを販売しました。
 現在、JA岡山は地元菓子製造販売メーカーと商品企画販売の提携を行い、近々シラップ漬けを加工した共同企画商品「岡山清水白桃 飲むジュレ」の販売を予定しているほか、管内の他の特産果物を使った加工品の開発にも着手しています。



シラップ漬けはそのまま食べてもよし、ジュースにしてもよしの一品。旬の時期だけでなく、美味しい桃をたくさんの方に味わっていただきたいです!

このページの内容については…