広報担当ブログ

2017年11月06日

小学校へセーフティーコーン寄贈

セーフティーコーンを贈る福渡支所の林支所長(中央右)と受け取る岡山市立福渡小学校の片山校長

 JA岡山管内の岡山市北区建部町川口で10月16日、JA岡山が岡山市立福渡小学校へセーフティーコーン30組を寄贈しました。
 全校生徒53人が出席しての贈呈式では、同JA福渡支所の林支所長が代表の生徒にセーフティーコーンを贈ると、生徒からは「セーフティーコーンのおかげで安心して登下校できます。ありがとう」とお礼の言葉と感謝状が林支所長に贈られました。
 同小学校の片山校長は「セーフティーコーンを通じて地域と連帯感を持って子どもを守る意識を高めたい」と話し、林支所長は「地域の子どもの朝晩の元気な声が一番の宝物。JAとして、少しでも安全のお手伝いができれば」と意気込みを話しました。



当JAは地域貢献活動等を通じて、経営方針「地域に密着し・地域にねざし・地域とともに歩む」を実践していきます。

このページの内容については…