広報担当ブログ

2017年10月31日

児童がニンジンづくり

農業倉庫や農業機械を見学する生産者ら

管内の岡山市東区政津の株式会社岡ファームと、岡山市中区江崎の有限会社片岡農産で8月18日、備前県民局管内の米麦生産者やJA、備前広域農業普及指導センターなどで構成される岡山地方大型米麦研究会が平成29年度の相互訪問研修会を開催し、活発に意見交換がなされました。
 また、水稲省力機械研修会も同日開催され、GPSなど新技術を搭載した耕作機械が展示されました。

最近はハンドルから手を離しても真っ直ぐ運転することができる田植機や、指定した範囲を無人で耕せる自動操舵トラクターも開発されているそうです!

種まきの様子を見守る佐々木さん(写真右)

 岡山市立牧石小学校で9月上旬、岡山市農協青果物生産組合根菜部会の秋山さん含む部会員5人が、1年生生活科の授業「にんじんの種まき」を担当しました。2クラス計49人の児童が、学級園に鮮やかなオレンジ色が特徴の「向陽二号」の種をまきました。当日植えたニンジンは11月下旬に収穫して、生産者の方と一緒に給食で味わう予定です。

とても貴重な体験だったと思います。収穫時期が楽しみですね!

このページの内容については…