広報担当ブログ

2017年01月の一覧

広報担当者アイコン

2017年01月31日

もも農業塾今年も

桃園でせん定について説明する中尾課長

JA岡山は1月20日、JA岡山第3回「もも農業塾」を開講しました。これは「くだもの王国」岡山を代表する果物「桃」の栽培について研修を行うものです。全10回の実践的な研修に、JA岡山管内から広く希望者を募り、書類選考を通過した16人が参加。桃の本格的な生産と出荷を目指し受講します。


JA岡山では、2013年からブドウと桃の農業塾を1年置きに開催し、新規生産者の増加に成功しています。2016年には8割の塾生が新たに市場出荷や直売所出荷を始めました。2017年は「もも農業塾」と「ぶどう農業塾」の双方とも開講予定で、桃・ブドウの生産者を増やしたい考えです。


JA岡山津高支所での開講式の後、営農部指導課職員より桃栽培の基礎が解説されたほか、整枝・せん定の説明が行われました。その後、一宮地区の桃生産者板野薫さんの桃園に移動し、整枝・せん定作業の実地講習を行ました。塾生たちは1月26日の第2講から、実際に桃の作業実習に入っています。


同課の中尾課長は「各産地の高齢化が進んでいるので、その対策として農業塾を通じて定年帰農者・新規就農者といった担い手を確保し、栽培に関する知識・技術を習得してもらいたい」と話しています。


「もも農業塾」は整枝・せん定から摘蕾、摘花、切接ぎ、摘果、防除、収穫等を実践し、2017年8月31日に秋季せん定とその後の管理の講習を行って閉講します。

「岡パク」を収穫する秋山部会長

JA岡山管内の岡山市北区牧石・牟佐地区で栽培されている「岡山パクチー(通称・岡パク)」が全国のパクチスト(パクチー愛好家)や消費者から注目されています。2016年12月に株式会社ぐるなび総研が1年の世相を反映し象徴する「今年の一皿」に「パクチー料理」を選定しました。中でも味と香りがマイルドで食べやすい「岡パク」は、地域と連携したレシピ開発やSNSを利用した積極的な情報発信などで評価を受け、生産地代表として受賞して以来、地元岡山でのパクチーの注文が3倍に増加し、東京をはじめ全国の市場などからの注文や問い合わせが殺到するなど、人気は過熱する一方です。


「岡パク」はJA岡山管内の岡山市北区牧石・牟佐地区のJA岡山パクチー部会の農家12軒が同地区内延べ面積10ヘクタールで栽培し、部会の規格に適合したものだけを「岡パク」として出荷しており、平成28年度は岡山市場をはじめ東京・大阪市場など全国へ24㌧出荷しました。市場からの引き合いは強く、品薄が続いています。


同部会の秋山部会長は、パクチー畑にトンネルをかけて保温するなど冬場のパクチー管理に余念がありません。冬場は寒さのため品質維持に頭を悩まされますが、葉物の甘味が増します。特に『岡パク』は糖度が5~6度あり、他品種と比較して、2倍以上の甘味があることも売れ行きにつながっています。秋山部会長は「土地にも限りがあるし、生産量にも限界がある。今作付けしているパクチーの品質をさらに向上し、ロスのない出荷を目指し、『岡パク』ブランドを確立していきたい」と話しています。

受賞作品と航大くん、母の彩さん

JA岡山管内の岡山市北区伊福町のノートルダム清心女子大学附属小学校に通う尾﨑航大さんが平成28年度JA共済全国小・中学生書道・交通安全ポスターコンクールにおいて大賞の「農林水産大臣賞」条幅の部を受賞しました。


同コンクールは全国共済農業協同組合連合会(JA共済連)が児童・生徒の書写教育に貢献することを目的に毎年開催しているもので、今回60回を数えます。今年度は全国の小・中学生から約142万5000点の応募があり、平成28年11月25日に行われた全国段階の審査で、大賞の「農林水産大臣賞」「文部科学大臣賞」および「審査員特別賞」など270点の入賞作品を決定しました。表彰式は平成29年2月3日、東京都千代田区平河町のJA共済ビルにおいて予定されています。


尾﨑航大さんは3人兄弟の末っ子で、5歳の時から母、彩さんのすすめで、姉の那奈さん、兄の翔也さんと岡山県都窪郡早島町早島の一般財団法人関西書芸院関西書道専門学校に通っています。毎週1~2時間の練習のほか、書き初めや課題を提出するような夏休みにはさらに練習を重ねるといいます。書道以外に英語教室にも通う努力家ですが、普段は外で遊ぶことが多く、アニメが好きな、元気いっぱいの男の子です。


尾﨑航大さんは「家族がすごい賞だとほめてくれたので嬉しかった。書道は大好きだけど大きい筆で何枚も書いたので手が痛くて大変だった。これからも自分らしい元気な字を書いてもっと上手になりたい」と話しています。

紙面作りに向けて対談する芦田常務(左)と職員

JA岡山では自己改革への取り組みとして、平成28年度から30年度の中期経営計画にあわせて「JA岡山営農振興計画」を設定し、管内7つの営農センターの地域性や農業環境に即した営農振興に取り組んでいます。


同計画は、「農家のために 地域のために! 未来へつなぐ農業を目指して!」をキャッチコピーに2万6000冊制作し、管内正組合員各戸へ1冊ずつ計2万4000冊を配布したほか、関係機関等へも提供しました。


JA岡山では、今回、中期経営計画と連動して営農振興計画を設定したこともあり、その取り組みを組合員へ機動的に情報提供しようと広報部門と営農部門の役職員が呼応し、広報誌「ぱれっと」(4万2000部発行)のメインテーマとして年間発行(12回)のうち8回~9回を巻頭の特集記事として取り上げています。今年度は広報誌「ぱれっと」10月号の巻頭特集で計画のあらましを紹介したのを皮切りに、11月号でJA岡山沖田営農センター、12月号でJA岡山西大寺営農センター、2月号でJA岡山瀬戸内営農センターをそれぞれ掲載しました。



初年度は計画の実践方策を、翌年度は計画の進捗状況の中間報告を、最終年度は取組成果と次期計画への引継事項の取りまとめを掲載していくことにしています。


初年度の記事の特徴は、全体計画と7営農センター別の計画について写真や図表を多用したことです。現場取材をもとに生産者や営農センター長、営農指導員の「顔」や「声」が見て取れる紙面づくりを心がけています。特に生産者からJAや行政へ寄せられた要望を掲載し、実務に反映することで、「双方向性」が伝わるように」しています。


広報誌の編集にあたっては、広報担当職員が営農部門で毎週開かれる部内会議へ出席し、営農関連情報を収集するとともに、広報誌の特集記事について、意見交換しています。打ち合わせには営農担当常務理事も直接アドバイスをすることもあります。


営農生活担当の芦田常務理事は、「改正農協法により、JAの進むべき道は明確になった。農業者の所得向上に繋げられるよう営農活動と広報活動のチームワークを駆使して、今後も機動的に組合員や地域のJAファンへ情報発信していきたい」と話しています。

水稲栽培暦に付いて説明する建部営農センター深田職員

JA岡山は毎年各営農センター管内各所で水稲栽培暦説明会を開催し、水稲の栽培技術の向上を図っています。


1月11日、JA岡山建部営農センターは加賀郡吉備中央町のJA岡山加茂川支所で同説明会を開催し、米生産者28人が参加しました。


説明会では、備前広域農業普及指導センター三宅職員が平成28年産米の反省点と、次年度対策として重要な土づくり・水管理・除草・適切な防除などを説明しました。またJA岡山建部営農センターの深田職員が平成29年産水稲栽培暦と水稲肥料・農薬注文書について説明しました。最後にJA全農おかやまの職員が土づくり肥料の「ケイカル」「ミネラルG」や水田のあぜ草省力管理の「ザクサ」「ダイロン」などの除草剤を紹介しました。続いて住友化学株式会社の担当者がJA岡山オリジナル商品の低コスト肥料のコシヒカリ・あきたこまち専用肥料を紹介しました。質問コーナーでは、複数の生産者が質問し、回答に熱心に耳を傾けました。


深田職員は『毎年多数の参加をいただき、熱心に説明を聞いていただいている。この講習会を参考にしてよりよい米づくりに取り組んでいただきたい』と話しています。

いちごを審査する審査員

1月12日と13日の両日、岡山市とJA岡山は平成28年度岡山市いちご共進会を岡山市役所1階市民ホールで開催しました。


同共進会は、岡山市内におけるイチゴの栽培技術の向上と、生産者の栽培意欲の高揚を図り、高品質生産に繋げるとともに、広く市内外に紹介し、イチゴの生産振興に資するのが目的で、今回が15回目の開催となります。


共進会には、市内のイチゴ生産者から40点のイチゴ「さちのか」「さがほのか」「ゆめのか」「おいCベリー」等の出品があり、外観、重さ、食味等が、備前広域農業普及指導センター職員、市場関係者ら8名の審査員によって審査されました。


また両日にはイチゴの即売も行われ、訪れた来場客は新鮮なイチゴを買い求めました。


JA岡山いちご部会の那須部会長は「秋の雨の影響で出荷時期が少し遅れたがいまは例年どおりのよいものが出来ている。6月ごろまで出荷が続くので頑張っておいしいイチゴを皆さんに届けたい」と語りました。


○審査の結果は次の通り。
賞名・氏名・品種
岡山県知事賞・柴田久男・ゆめのか
岡山市長賞・那須敬策・おいCベリー
岡山市議会議長賞・定本妙子・さちのか
岡山県備前県民局農林水産事業部長賞・足羽真幸・ゆめのか
全国農業協同組合連合会岡山県本部長賞・奥山茂樹・さちのか
岡山市農業協同組合理事長賞・立川博章・おいCベリー

とんどの炎にお飾りを投げ込む参加者

JA岡山管内のお飾り産地、岡山市中区国府市場の岡山市立高島小学校で1月14日、正月のお飾りや書き初めを燃やして1年の無病息災と学業成就を祈る伝統行事、とんど焼きが行われました。


とんど焼きはPTAをはじめとする町内会等の地域団体とJA岡山高島おかざり部会、JA岡山女性部高島支部が協力して毎年開いている地域の恒例行事で、今年から「岡山市区づくり推進事業」の認定を受けて、地域の特色を押し出した「高島ふれあいとんどまつり」として開催しました。


早朝よりたくさんの地域住民や児童が集まり、お飾りや書き初めを持ち寄りました。来場者はとんどの炎にお飾りを投げ込みながら今年一年の無病息災や学業成就を祈りました。


会場ではJA岡山高島おかざり部会が焼き芋、JA岡山女性部高島支部とPTAが餅つきを行い、来場者にきな粉餅や甘酒を振る舞って会場を盛り上げました。児童らは餅つきを体験するなど、とんど焼きを楽しみました。


また、今年から高島地区特産の大小12種類のお飾りを展示したほか、お飾りづくりやとんど焼き、同地区特産の雄町米を解説するパネルも展示し、来場者が興味深く見学しました。

JA岡山高島おかざり部会の水田部会長は「とんど焼きの参加者、特に子どもが増えて賑やかになってきた。来年のお飾りを今から1年かけて準備しているが、品質が高く、ニーズに合ったお飾りを作って、伝統の火を消さないようにしたい」と意気込みを話しています。

「牛窓甘藍」を積んだトラックの前でテープカットをする太田部会長ら関係者

 JA岡山牛窓キャベツ部会は1月11日(いちばんいいひの語呂合わせ)に「牛窓甘藍(かんらん)」出発記念式典を瀬戸内市牛窓町長浜のJA岡山瀬戸内営農センター長浜集出荷場で開催。太田部会長をはじめ関係者によるテープカットの後、岡山・広島市場に600ケースを出荷しました。


今回出荷した「牛窓甘藍」は秋冬に収穫される寒玉キャベツの中でも特に食味の良い品種。式典では太田部会長の挨拶の後、産地の取り組み紹介や岡山市場、広島市場の販売決意表明、部会長から瀬戸内市長への「牛窓甘藍」・白菜「冬黄」の学校給食への贈呈式などが行なわれました。また会場では「牛窓甘藍」と、他県産のキャベツを生で食べ比べるコーナーや地元市場・野菜ソムリエや中国学園大学の学生が考案した「白菜とキャベツのミルクスープ」や「キャベツのごま酢和え」などの試食も行われました。

今後同部会は、岡山県内や広島県で消費拡大イベントを実施。レシピの紹介とともに新たな「牛窓ブランド」のキャベツとして市場拡大と認知度アップを進めていくことにしています。


瀬戸内営農センター岩谷センター長は「食べ比べてもらうと違いが解るはず。付加価値の高いキャベツとして専用箱で、冬黄(とうき)白菜と併せて牛窓地域全体のブランドイメージも高めていきたい。」と話していました。

せん定の技術指導をするJA全農おかやまの有吉技術講師

JA岡山管内の一宮地区で1月6日、JA岡山一宮選果場果樹部会なし部が岡山県の特産物である「あたご梨」のせん定講習会を開催し、生産者、備前広域農業普及指導センター職員、JA全農おかやま職員、JA岡山職員など18人が出席しました。


講習会は岡山市北区大窪にある同部会の難波梨部長の「あたご梨」10アールのほ場で行われました。JA岡山営農指導員の武田職員から防除暦の説明が行われた後、備前広域農業普及指導センターの千田指導員、JA全農おかやまの有吉技術講師が「あたご梨」のせん定、防除、施肥などについて講義し、実技指導を行いました。部員たちは質問するなど熱心に指導を受けました。


同部会の小山部会長は「これから2月末まで、どの産地でもせん定を頑張っている。この作業の良し悪しで来年度の梨の品質が決まるので、高品質な「あたご梨」を出荷するために実技指導を生かしてせん定したい」と意気込みを話しています。

(写真左から)谷口部会長、川崎さん、岸野さんの奥さま

おかやま元気ベジタブル推進本部、全農岡山県本部園芸専門部アスパラ部会は平成28年12月15日、北区芳賀のテクノサポート岡山で「平成28年度おかやま元気ベジタブル振興大会(岡山県アスパラガス振興大会)」を開催。JA岡山瀬戸内営農センター管内から、JA岡山せとうちアスパラ部会員の川崎正之さんが優秀賞(全農岡山県本部運営委員会長賞)を、岸野末男さんが優良賞(同岡山県本部長賞)を、同部会長の谷口守さんが奨励賞(同岡山県本部アスパラガス部会委員長賞)を、それぞれ受賞しました。


この大会はアスパラガス生産農家の、さらなる生産意欲の高揚と、生産技術の向上を図り、元気な野菜産地づくりと高品質なアスパラガスの安定供給を一層進めるため、毎年開催されています。当日は県内のアスパラガス生産者、農業関係団体、行政関係者など約150名が出席しました。


JA岡山瀬戸内営農センターでは、邑久地区の休耕田の有効活用策として、昭和60年ごろからアスパラガスの栽培を推進しています。また同センターの3か年の営農振興計画では、関西圏に近い、地の利を生かした「都市圏市場で売れる野菜」として力を入れています。


谷口部会長は「来年はもっと多くの部会員が表彰を受けられるよう、より品質の高いアスパラガスを作っていきたい」と抱負を述べていました。

祈願米をPRする黒瀬部長

年始めと受験シーズンに販売することから新春恒例の縁起物として毎年人気の高い「祈願米」の販売が1月6日から始まりました。JA岡山が地元産米の消費拡大と地域住民への愛着を期待して平成9年から販売開始、今回21回目となります。
販売に先立ち、岡山市東区の西大寺観音院で行われた祈願ではJA岡山と株式会社JA岡山、JA全農おかやま、岡山パールライス株式会社関係者ら17人が出席しました。同院僧侶の大森さんの読経が流れるなか、「学業成就」や「家内安全」等の祈りを込めました。


「岡山ひのひかり物語」と「わっしょい会陽米」の5㌔㌘袋などに「祈願米」シールを貼ったものは、株式会社JA岡山の味彩館Aコープ西大寺をはじめとしたAコープ各店、JA岡山農産物直売所はなやか中央店など全12店舗と天満屋岡山店・倉敷店で購入できるほか、今年からJA岡山オンラインショップ「花野果(はなやか)オンライン」でも販売を開始しました。


 株式会社JA岡山Aコープ事業部の黒瀬部長は「農家が手塩にかけて栽培した安全・安心な岡山産ヒノヒカリに、学業成就、家内安全の祈願をいただいた。特に受験生の方に食べてもらい、合格に向け頑張っていただきたい」と祈願米をPRしました。

五十畑さん(写真奥)の解説を聞きながら記帳に取り組む参加者

12月13日、岡山市北区大供表町のJA岡山本所ビルでJA岡山女性部役員向けに「家の光協会勉強会」を開催。管内21支部から20人が参加しました。


今回の勉強会は「家計簿の記帳」について。JAグループ一般財団法人・家の光協会中国四国普及文化局の五十畑さんを講師に迎え、「家の光12月号」付録の「2017 家の光家計簿(日記付き)」を用いて、基本的な記帳方法から、財務・財産管理、青色申告に活用する方法などについて幅広く学びました。


五十畑さんによると、将来への不安から近年は家計簿を記帳する人が増えているといいます。その中でも「家の光」の家計簿の大きな特徴として、「財布に実際何円の現金が入っているかを基準にしていること」「農業収入(支出)を記入する項目があること」を説明。この記帳方法で、公共料金の口座引き落としや電子マネーへのチャージなど「目に見えない支出やお金の変化をクリアにしていくことができる」と解説しました。参加者は費目ごとの支出が一目で分かる「簡単書式(うさぎさん書式)」を使い、例題を参考に記帳のしかたを確認していました。



参加者は学んだ内容を持ち帰り、来年度の「農家の家計実態調査」の提出でいかせるよう、各支部の女性部員に指導する予定です。

みかんを販売する久本部会長

岡山市北区野田の岡山ダイハツ販売株式会社野田店は12月11日、JA岡山をはじめ、地元農家や生産組織を招いて「ダイハツマルシェ(市場)」を開催しました。


これは同社によるCSR(社会貢献)活動の一環で、管内の農作業支援を通じて地域の活性化につなげようと実施したものです。12月6日に同社社員がCSR活動で収穫したみかんが販売されたほか、JA岡山、ヤングファーマーズ、奥野農園、岡山県立高松農業高等学校、岡山県立興陽高等学校など7団体が参加し、それぞれ旬の野菜や果物、加工品を販売。多くの来場者が買い物を楽しみました。



マルシェの開催と並行し、同店ではCSR活動の写真を展示。半年間の農作業支援活動の様子を、来店した親子らが興味深く見つめていました。



JA岡山みかん部会の久本部会長は「農作業支援も嬉しいが、こういったマルシェなど販売PRする機会はありがたい。今後も積極的に協力したい」と期待を寄せていました。

このページの内容については…