広報担当ブログ

2016年12月28日

児童とお飾り作り

お飾りづくりを指導する原﨑さん

 岡山市南区東畦の岡山市立東疇小学校で12月15日、5年生69人が17人の地域ボランティアからお飾りづくりの指導を受けました。


 これは同地区の米農家、原﨑さんが20年以上前から続けている取り組み。地域貢献として同校の児童に田植えや稲刈り体験を行っており、1年の締めくくりとしてお飾りづくりを指導しています。



 地域ボランティアがそれぞれ5~6人の児童を担当してお飾りづくりを教え、原﨑さんが個別に仕上げを手伝いました。児童は思い思いに飾り付けたお飾りを完成させ、喜んで持ち帰りました。


 原﨑さんは「非農家が増えるなかで、お飾りをお正月に飾る伝統文化を伝えたい。干しワラの準備など、農家がお飾りづくりにもっと取り組んでくれたら」と話しています。

このページの内容については…