広報担当ブログ

2016年09月27日

初開催の「ふれあい祭り」に沸く 備南支所、備南営農センター

かき氷を作る備南支所職員

 JA岡山管内の岡山市南区北七区の備南支所と備南営農センターは9月10日、組合員・利用者への日頃の感謝を伝えるため、平成15年1月の合併以来初めての「備南ふれあい祭り」を開催しました。
 イベントの開会にあたって同地区の経営管理委員・植月さんが「今日は好天に恵まれていい一日になりそう。平成15年1月に合併して以来初めての試みですが今日のふれあい祭りが来年、再来年につながるような催しになるようにがんばりましょう」とあいさつしました。
 会場は支所職員のかき氷や、JA岡山青壮年部のスーパーボールすくい、JA岡山女性部の、うどんや山菜おこわなどの模擬店のほかにJA共済による「ドライビングシミュレーターでの安全運転診断」が行われました。ドライビングシミュレーターを体験した同支所組合員の鷹取さんは「普段、運転するのとは勝手が違ってむずかしかったが、落ち着いて安全を確認しながら運転することの大切さが改めて良くわかった」と話していました。

 また、同日はJA岡山備南資材店、株式会社JAの岡山備南給油所、オートパル備南も総合展示会を開催。資材店からは肥料や農薬の特売セールがあったほか、給油所スタッフによる輪投げ、オートパルスタッフによるじゃんけん大会などもあり、会場は終日賑わいました。

このページの内容については…