広報担当ブログ

2016年08月29日

食と農楽しく学ぼう

収穫したトウモロコシを手に笑顔のクラブ生

 地域の児童への食育教育を行っているJA岡山「あぐりキッズクラブ」と「JAまにわ あぐりにこにこスクール」は合同で課外授業を開催しました。

 8月5日、加賀郡吉備中央町の吉備プラザ三階大ホールにおいて、クラブ生34人とスクール生47人が参加。まる一日、食と農にふれる体験をしました。


 開講式ではJA岡山の芦田常務理事が『今期で一番暑い日になりそうですがJAのお兄さん・お姉さんのいうことを良く聞いて、美味しい物をいっぱい食べて楽しく学びましょう』とあいさつしました。


 開講式終了後、JA岡山青壮年部西支部・JAまにわ職員による特産農産物のクイズがあり、お互いの地域の農産物を紹介しました。


 昼食後、JA岡山一宮中央選果場へ移動して、JA岡山花谷職員から選果場で桃が選別されていく様子の説明を受けました。その後、2班に分かれて岡山市北区下足守の「安富牧場」でのバターづくりと、加賀郡吉備中央町の「宮木牧場」でのトウモロコシの収穫試食を行いました。バターづくりでは2人1組になり、牛乳の入った容器を懸命に振ってバターを作りました。また収穫したてのトウモロコシを生で食べ「あまい、おいしい」と児童達は大喜びでした。

出来たて手づくりバターの試食!

出来たて手づくりバターの試食!

このページの内容については…