広報担当ブログ

2016年08月26日

桃の収穫ツアー食べ比べ楽しむ

桃の食べ比べをするツアー参加者

 JA岡山青壮年部西支部一宮分会はJA岡山旅行センターと協力して桃の収穫体験ツアーを開催しました。


 8月10日、岡山市北区栢谷のJA岡山津高支所に大人14人子ども14人が集合しました。同青壮年部の板野支部長があいさつした後、同部員池宗さんが講師となり、岡山の桃の歴史、袋を掛けて白い桃にすること、桃の1年間の作業についてなど説明しました。その後JA岡山津高支所倉庫前で「白麗」と「おかやま夢白桃」の試食をした子供たちは美味しそうに食べ比べていました。


 昼食後、一宮中央選果場へ移動して JA岡山の武田職員が選果場で桃が選別されていく様子を説明をしました。また見学中に桃の妖精「はっぴーち」が登場して児童らは楽しそうに記念写真を撮っていました。


 その後桃の圃場に移動した参加者は青壮年部の部員から桃の収穫方法を教わり、大きくなった袋を選んで丁寧に収穫していました。最後に選果場に戻り、青壮年部の部員が今日学んだことについてのクイズを出し、正解者には桃が配られました。


 板野支部長は、「今年は桃の熟れ具合が早く、鈴なりになったところを見てもらえなくて残念だったが、桃の色々な事が分かってもらえてよかったと思う。今日話をしてみて桃の事を良く知っている子どもたちがいるのはびっくりした。この体験を通じて将来桃農家になろうと思う子どもが出て来てくれたら嬉しい」と話しました。

もっと桃を好きになってね!

もっと桃を好きになってね!

このページの内容については…