広報担当ブログ

2016年06月16日

小学生が田植え体験

三宅さんたちの指導で苗を手植えする児童

JA岡山管内の岡山市南区興除で6月17日、岡山市立興除小学校の5年生ら30人が、田植えを体験しました。田植えに先立って、JA岡山藤田営農センターの佐藤職員が、教室で興除地区の歴史や、昔の農作業について説明しました。

60年程前までは水道や電気が来ていなかったことや、田植えや稲刈りが手作業で大変だったことなどを児童らは興味深く聞き入っていました。その後、小学校近くの田んぼで同地区の農家三宅さん他9人の地域ボランテイアの指導を受けながら田植えをしました。児童らは三宅さんの説明を受けた後、慣れない泥の感触にびっくりしながら、あらかじめボランテイアの人たちが引っ張っておいた田植え綱の印に沿って、丁寧に苗を植え付けていきました。

三宅さんは「児童の家も農家が3割ほどになってきたが、この田植え体験を通じて農業に親しんでもらいたい」と、話しました。

このページの内容については…