広報担当ブログ

2016年05月27日

JAアグリ岡山第10回定期株主総会開催

各議案を審議する生産者

JA岡山の子会社である株式会社JAアグリ岡山は5月19日、第10回定時株主総会を岡山市南区北七区のJA岡山備南支所で開催しました。株主22人(委任状含む)が出席し、平成27年度事業報告書及び貸借対照表、損益計算書並びに利益剰余金処分案の承認、平成28年度事業計画の策定、取締役の選任、28年度における役員報酬、借入金の最高限度額、など全5議案を審議し、可決・決定しました。


株式会社JAアグリ岡山は、平成18年7月の設立以来、平成28年3月末時点での参加構成員は大麦と大豆を合わせて、延べ592名、栽培面積は899㌶となり、いずれも前年度を上回っています。栽培面積の拡大と、良質な大麦、大豆の栽培を積極的に行うことで、事業参加者の経営の安定と収入の増加、県下最大の大麦産地の維持拡大を目指しています。


総会後、備前広域農業普及指導センター職員から、今年産のビール大麦の生育状況と今後の管理について説明があり、排水対策の徹底や適期収穫について説明がありました。

このページの内容については…