広報担当ブログ

2016年05月26日

酢の料理教室でフレッシュミズ活動開始

ちらし寿司の調理方法を学ぶフレッシュミズ

JA岡山女性部は5月6日に開催した通常総会で規約の改正を行い、本年度から正式に4支部全40人のフレッシュミズが女性部の一員として活動を開始します。フレッシュミズは45歳までの女性が対象で、若い世代の活動に期待が集まっています。



JA岡山管内の岡山市北区今のJA岡山調理実習棟「今菜果村(いまさいかむら)」で5月23日、JA岡山女性部岡山支部フレッシュミズグループが初の活動として料理教室を開き、11人が参加しました。


手分けして料理します


教室ではエーコープマーク品の「五倍酢」などを製造・販売する大興産業株式会社の森中栄養士が講師を務め、「えびとしば漬けの彩りちらし」「彩りスープ」などのレシピを紹介。参加者は手分けして調理しました。酢で作ったジュースの試飲では「美味しい!」という驚きの声があがり、「どこのお店で購入できるの?」といった質問がありました。


同グループ代表の平田さんは「子育て仲間が集まり料理などをしたいと話しているなかで、JA岡山とJA岡山女性部の活動を知った。食育や料理教室に興味があるメンバーなので、アイデアを出し合って色々と活動していきたい」と意気込みを話しました。 

北川支部長も参加

JA岡山女性部岡山支部の北川支部長と岩藤さんも参加し、会話を楽しみながらフレッシュミズが調理した料理を味わいました。

このページの内容については…