広報担当ブログ

2016年04月25日

夏秋ナス振興鉢上げ手引き

夏秋ナスの鉢上げをする生産者

 JA岡山では夏秋ナスを園芸重点振興品目として位置づけ、既存産地や新規産地が一丸となり夏秋ナス産地の拡大と基盤の強化を図り、生産と販売を含む一体的な栽培振興のため、講習会などによる栽培拡大とPR活動での消費拡大の両輪で事業を行っています。


 JA岡山藤田営農センターは4月15日、管内の岡山市南区東畦の高田さんの9アールの圃場で夏秋ナスの鉢上げ講習会を開催し、夏秋ナス生産者と備前広域農業普及指導センター、JA全農おかやま、JA岡山職員合わせて23人が出席しました。


 講習会ではJA全農おかやまの河野技術講師より、夏秋ナスの鉢上げ方法の説明が行われた後、備前広域農業普及指導センター職員やJA岡山担当者らの指導のもと、実際に鉢上げの体験を行い、アドバイスを受けました。生産者らはメモを取ったり写真を撮影するなど、熱心に説明を聞きました。

 鉢上げに挑戦した生産者は「実際にやってみてよく分かった。講習内容を我が家の鉢上げに生かしたい」と話しました。

このページの内容については…