広報担当ブログ

2016年04月14日

早期加温ピオーネ今日出荷

早期加温「ニューピオーネ」の規格を確認するJA職員と生産者

JA岡山西大寺ぶどう部会は4月14日、岡山市東区雄神地区で早期加温栽培した岡山特産のブドウ「ニューピオーネ」を岡山市場に初出荷します。岡山で改良されたニューピオーネはおいしさと食べやすさを追求し「大粒、種なし、甘い」の3拍子が揃っていて人気の品種です。


JA岡山西大寺ぶどう部会は4月7日、岡山市東区富崎のJA岡山雄神事業所選果場で早期加温ピオーネの査定会を開き、同部会の生産者、市場関係者、JA全農おかやま、JA岡山職員35人が出席しました。
査定会では、市場関係者から市場の情勢報告があったほか、JA職員から出荷規格について説明があり、検査員が見本品の査定を行った後、生産者達は格付けの確認を行いました。


佐中部会長は「3月上旬から温暖な日が続き、昨年と同様に生育も良好。粒張りもよく糖度も高いので今年のブドウも美味しく仕上がった。これから出荷が始まるので、美味しいブドウを皆さんにお届けしたい」と話していました。

このページの内容については…