広報担当ブログ

2016年03月15日

「フレッシュミズ」が料理に挑戦

 JA岡山女性部は、若い世代の女性組織「フレッシュミズ」組織の拡大・活性化を目標に、女性部と連携した料理や体操教室を行っています。「フレッシュミズ」には農家の女性に限らず、非農家の女性も多く参加し、JAを軸として生産者と消費者のつながりも徐々に深まり、口コミで活動への参加者が増加しています。2016年度は本格的に各地区にフレッシュミズを組織するため、JAならではの「食」「農」「くらし」や「子育て」をキーワードに、女性大学「なでしこカレッジ」参加者に加入を呼びかけるなど、積極的な勧誘に取り組みます。

フレッシュミズにお皿への料理の盛り付けを指導する小見山支部長(中央)

 JA岡山女性部藤田支部は3月5日、岡山市南区藤田のJA岡山藤田支所敷地内にある藤田農産加工施設で同支部フレッシュミズを対象に料理教室を開催し、部員とフレッシュミズと子ども合わせて13人が参加しました。
 料理教室では女性部員が講師となり、フレッシュミズに赤飯や筑前煮、鯛の塩焼き、蛤のお吸い物の調理を指導しました。レシピどおりに調理するだけではなく、食材の色合いや料理の配置に少し気を配ることでおいしそうに仕上がりました。参加したフレッシュミズは「とてもおいしく調理できた。いつもより少し手をかけるだけでこんなに変わると思わなかった。仕事の都合などもあるが今後も積極的に活動に参加したい」と興味津々の様子でした。

このページの内容については…