広報担当ブログ

2016年01月14日

高品質なイチゴの生産目指す

イチゴの出来栄えを審査する審査員

 1月14日と15日の両日、岡山市とJA岡山は平成27年度岡山市いちご共進会を岡山市役所1階市民ホールで開催しました。
 同共進会は、岡山市内におけるイチゴの栽培技術の向上と、生産者の栽培意欲の高揚を図り、高品質生産に繋げるとともに、広く市内外に紹介し、イチゴの生産振興に資するのが目的で、今回が14回目の開催となりました。
 共進会には、市内のイチゴ生産者から39点のイチゴ「さちのか」「さがほのか」「おいCベリー」「ゆめのか」「紅ほっぺ」等の出品があり、外観、重さ、食味等が、備前広域農業普及指導センター職員、市場関係者ら8名の審査員によって審査されました。
 共進会ではイチゴの即売が行われ、訪れた来場客は新鮮なイチゴを買い求めました。

このページの内容については…