広報担当ブログ

2015年12月18日

正月用お飾り出荷/JA岡山高島おかざり部会

トラックからお飾りを運びおろす生産者

 

今年もよいお飾りができました!

 

 岡山市南区市場の岡山中央卸売市場で12月12日、JA岡山高島おかざり部会が正月用のお飾りを出荷しました。出荷には同部会員33人とJA職員らが参加し、トラックから次々と箱詰めしたお飾りを運びおろしました。この日出荷したお飾りは大小合わせて89,552個。岡山市場から中卸を経由してデパートや量販店等で販売されます。
 JA岡山高島おかざり部会のお飾りづくりは昭和30年頃から続き、県内のお飾りの80%近くを出荷しています。休耕田を利用してお飾り専用の苗を作り、刈り取って乾燥。装飾用の小物を作り、およそ1年がかりで完成させます。同地区のお飾りは評価も高く、「お飾りはやはり高島のものがいい」という消費者も数多くいます。
 JA岡山高島おかざり部会の水田部会長は「高齢化などで年々生産者が減少しているが、伝統的な高島のお飾りの火を絶やさないため、頑張って生産したい」と意気込みを話してくださいました。

このページの内容については…