広報担当ブログ

2015年12月05日

アロマクラフト講座を学ぶ
JA岡山女性大学「なでしこカレッジ」第2期生・第3回講座

講師の中井さんに指導を受けるなでしこ生

 

分量にそって精油を配合…緊張します

 

 JA岡山は11月24日、岡山市北区大供表町の同JAローンセンターの会議室で女性大学「なでしこカレッジ」第2期生の第3回講座を開き、受講生28人が参加しました。
 アロマ・エステインストラクターの中井さんを講師に、受講生はアロマバスボム作りを学びました。バスボムは重曹とクエン酸の化学反応による発泡現象を利用した入浴剤。重曹を使うことで古い皮脂や角質が落ちて肌が滑らかになり、消臭効果もあります。精油を加えることで気分が落ち着きリラックス効果も期待できるそうです。
 受講生は用意された材料を、分量を確かめながら混ぜ合わせ、好きな色のアロマバスボム作りに挑戦し、アロマセラピーや精油を使った「香りのある暮らし」について学びました。
 受講生は「香りで随分と気分が変わると再認識した」「帰宅して、作ったバスボムを使うのが楽しみ。子どもと一緒に作ってみたい」と感想を述べました。
 同カレッジは次回、平成27年12月16日に第4回講座「プリザーブドフラワーアレンジメント」を予定しています。

このページの内容については…