広報担当ブログ

2015年11月18日

第1回おかやまマラソンにJA岡山も協賛

副賞の岡山産新米とフルーツを紹介する
伊原木知事

 

副賞の岡山産新米とフルーツを手渡す
伊原木知事

 

男性の部1位から8位の入賞者ら

 

 JA岡山管内の岡山市北区いずみ町の岡山総合グラウンドで11月8日、岡山県、岡山市などで構成する「おかやまマラソン実行委員会」が「第1回おかやまマラソン」を開催し、1万5千人のランナーが初のおかやまマラソンを楽しみました。

 表彰式ではフルマラソンに出場した男女1位から8位までのランナーが表彰され、伊原木県知事と大森市長が全員に表彰状と副賞としてJA岡山産のブドウ「紫苑」、「足守メロン」、「あたご梨」、「富有柿」を贈った。また、男性の部、女性の部の1位入賞者にはJA岡山産の新米「ヒノヒカリ」1俵(60㌔)が贈られました。
 また、同会場では11月7日と8日、「おかやまマラソンEXPO2015」も開催。県内のご当地グルメなどが販売され、マラソンを盛り上げました。JA岡山中央会、JA岡山などが構成する「JA岡山・JAグループ岡山」もスポンサーとして出店し、JA岡山職員らが一宮地区産のブドウ「紫苑」、裳掛地区産のミカン、JA岡山黒井山直売所の名物「ポン菓子」、JA岡山足守パン工房の「米粉パン」を試食販売し、ランナーや来場者が次々と買い求め、人気を呼びました。

このページの内容については…