広報担当ブログ

2015年10月27日

富有柿の出荷始まる/岡山市中区沢田地区

共同選果場へ運び込まれた富有柿

 

「富有」の規格を確認・選別する生産者

 

選果場周辺には買い物客が長蛇の列

 

 秋の定番の果物のひとつ、「富有柿」の出荷が10月16日、JA岡山管内の岡山市中区沢田地区で始まりました。
 JA岡山沢田生産組合は初出荷となるこの日、7.5㌔箱183ケース、合計1507㌔の富有柿を岡山市場へ出荷しました。同地区の富有柿の出荷は12月初旬まで続く見込みです。
 同地区は富有柿を100年以上前から栽培している有名な産地。沢田の富有柿は見た目がよく、甘くておいしいと評判で、毎年選果場まで訪れて買い求めるファンが多くいます。また市内の学校給食にも柿を卸しており、地産地消にも努めています。
 今年は台風や強風などの影響で高い樹から落果が目立ちましたが、品質は上々で糖度も高く、おいしい富有柿ができた、とJA岡山沢田生産組合の長塩組合長も太鼓判をおす出来栄え。「今年も柿まつりの時期にはしっかり量を出せるように努力したい」と意気込みを話してくださいました。
 今年も恒例の「第27回沢田柿まつり」が11月15日(日)に岡山市中区の沢田橋東の多目的広場で開催される予定です。毎年多くの来場客が訪れ、柿の皮をむいた長さを競う「柿むき競争」や「柿の個数当てクイズ」といったイベントを楽しむことができるほか、即売会も行われます。

このページの内容については…