広報担当ブログ

2015年09月25日

ふれあいマスカットまつり2015

オープニングセレモニー

 JA岡山などで構成される「津高ふれあいマスカットまつり実行委員会」は岡山市北区日応寺の岡山市日応寺自然の森スポーツ広場で9月20日、「第25回津高ふれあいマスカットまつり2015」を開催し、多くの来場者が訪れました。

マスカットの種飛ばしに挑戦

 同地区は、岡山県が全国での生産量の9割を占める「マスカット・オブ・アレキサンドリア」の県内で最も古い産地。まつりで特産のマスカットをPRすることで、地域の活性化を図っています。
 オープニングセレモニーでは、同まつり実行委員会の光森実行委員長らのあいさつの後、光森実行委員長と児童らによってテープカットの代わりにマスカットの房の切り取りで、まつりが始まりました。
 まつりでは、生産者が「マスカット・オブ・アレキサンドリア」を市価よりも安く販売され、次々と来場者が買い求めていました。

ステージでは様々な催しで
まつりを盛り上げました

 JA岡山のブースでは「マスカット3房の合計重量」と「粒数当て」のクイズと「マスカットの種飛ばし大会」が行われ、たくさんの来場客が挑戦されました。いずれも上位の成績者にはマスカットなどが贈られました。
 その他、同JA女性部津高支部とフレッシュミズがテンペコロッケの実演販売と野菜や果物の直売を行い、まつりを大いに盛り上げてくれました。

米粉パン

米粉パンも飛ぶように売れていました。

テンペコロッケ

テンペコロッケの実演販売。

コロッケを揚げるのも暑くて大変ですね。

このページの内容については…