広報担当ブログ

2015年09月25日

ブドウ出荷が終盤に/岡山市北区牧山地区

生産者が出荷規格を丁寧に確認

 JA岡山管内の岡山市北区牧山地区ではニューピオーネ、オーロラブラック、シャインマスカット「晴王」などのブドウの出荷が終盤を迎えています。
 同地区は古くからブドウの一大生産地としても有名です。

高品質なブドウが市場へ

 JA岡山(郷)青果物出荷組合は9月18日、岡山市北区中牧のJA岡山牧山選果場でニューピオーネ、オーロラブラック、シャインマスカット「晴王」の出荷を行いました。
 同出荷組合の生産者は週3日間、共同選果による出荷を行っています。
出荷には17人の組合員が参加し、手分けして出荷規格のチェックや箱の封緘、振り分けなど、約1時間の作業を行います。
 同地区の今年のブドウは着花時期の天候不良で生育が遅れましたが、大粒傾向で糖度も高く仕上がっているそうです。岡山市場に9月末まで出荷する予定です。
 同出荷組合の杉山組合長は「今年も美味しいブドウができている。出荷も終盤なので、晴天が続いてほしい」と話してくださいました。

このページの内容については…