広報担当ブログ

2015年08月の一覧

ナス生産者の軽トラックに千両ナスの苗木を積み込む職員ら

 JA岡山備南営農センターとJA岡山備南施設茄子部会は8月13日、同センターに隣接する育苗用ハウスで、備南地区特産のナス「千両」を接木した苗木2670鉢を部会員に配付しました。

 同センターでは、ナスの台木「台太郎」「トレロ」「トルバム・ビガー」等に、「千両」を接木した苗木約10万鉢を栽培しています。部会員に配付することにより生産する千両ナスの品質を一定に保つための取り組みです。

ていねいに積み込みます

 今年は天候不順に加え、猛暑の影響で苗木の生育が例年より1週間程度遅れましたが、品質は上々で、美味しいナスができそうです。

 配付は9月上旬までの見通しで、配付した苗木は加温用ハウスで植え付けし、9月中旬頃から収穫できる見込みです!

ニューピオーネを試食PRするフレッシュおかやま

 JA岡山とJA岡山東部地区ぶどう生産組織連絡協議会は8月8日と9日、JA全農おかやまとイトーヨーカドー岡山店の協力のもと、「JA岡山東部地区ぶどう部会合同販売促進フェア」を岡山市北区下石井のイトーヨーカドー岡山店で開催しました。

 

 これは管内のブドウ産地である、西大寺地区、裳掛地区産のニューピオーネ、シャインマスカットなど旬のブドウの販売促進と次世代フルーツであるシャインマスカット「晴王」の知名度向上が目的。お盆の贈答用の化粧箱や、房売りのブドウが豊富に準備され、買い物客が次々と買い求めていました。


 イベントではJA全農おかやまのフレッシュおかやまが買い物客に岡山産のブドウを試食でPRしました。

試食する買い物客の親子

 大粒で甘くて種がないニューピオーネは子どもたちにも大人気でした!

ペットボトルで風鈴づくり

 JA岡山女性部上道支部は8月1日、岡山市東区南古都の上道加工場でちゃぐりんフェスタを開催し、49人の親子が参加しました。上道支所の赤澤支所長以下職員も総出で協力し、フェスタは盛大に行われました。

流しそうめん

 フェスタでは、加工場の窓から竹で作った約10メートルの長い流しそうめん台を設置。参加者はそうめん台の両脇に並び、上流から流れてくるそうめんや、部員が作ったミニトマト、ピオーネやマスカットをすくい取って、楽しみながら味わいました。

 さらに女性部員手づくりのおにぎりが出されたほか、JA職員がバーベキューを行い、参加者に振る舞いました。

釣りゲームを楽しむ子どもたち

 他にも参加者はペットボトルを使った風鈴づくりや、女性部員による釣りゲーム、投げお手玉、水風船釣りを楽しみました。

みんなで記念撮影!

 根岸支部長は「女性部員14人と支所職員が協力して開催しました。部員が栽培した安全・安心な野菜や果物を味わうことで、農業やJA、女性部に興味を持ってもらえたら嬉しいです」と笑顔で話しました。

 

 みんな暑い中、とっても元気に遊んでいましたね!

 来年もまた参加してください(^-^)/

このページの内容については…