広報担当ブログ

2015年01月の一覧

生産者の大内さん

 岡山の花き生産者と岡山県備前県民局、JA岡山は贈り物に花を利用してもらおうと様々なキャンペーンを実施し、地元産の花の消費拡大を図っています。
 岡山県備前県民局とJA岡山は1月30日、31日、岡山市北区下石井のイオンモール岡山5階「おばあちゃんの台所」でフラワーバレンタインのPRイベントを開催しました。
 花きの産者の方々が、男性を対象に<花に関する簡単なアンケート>を行い、女性に贈るための花束をプレゼントしました。花束は備前地域(JA岡山管内)で栽培されている「ブプレウラム」や「スイートピー」、「バラ」、「スターチス」など400束を準備。花束を受け取った男性客は、はにかみながらも連れの女性に花束を贈っていました。

フラワーオブジェと一緒に記念撮影

 また、イベント会場には大きなハート型のフラワーオブジェを2月3日まで展示。写真を撮って2月21日までにソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で発信して応募すると、抽選で花などが当たるキャンペーンも実施しました。
 JA岡山営農部指導課の坂本専門営農指導員は「女性は男性から花を贈られると嬉しいもの。バレンタインデーが近いので、恥ずかしがらずにぜひ花を贈ってください」と話しました。

このページの内容については…