広報担当ブログ

2014年01月30日

市役所で米粉パンパネル展

米粉パンを買い求める市役所利用者

 1月30日と31日、岡山市は岡山市北区大供の岡山市役所で「平成25年度米・米粉消費拡大パネル展&米粉食品展示会」を開催しました。同イベントは、岡山県産の米と米粉の消費拡大を目指し、同市が毎年この時期に開催しているもの。米の加工品や、米粉料理の特徴などをPRするパネルと、実物の米・米粉の加工品が展示されました。米粉パンの試食アンケートも行われ、市役所利用者らが回答しました。

 両日ともパネル店横で米粉パンが販売され、30日にはJA岡山パン工房が約50種類300個の米粉パンとケーキを販売。「編みこみBOX(オレンジチョコ」」や「おさつロールBOX」、「アップルシナモンケーキ」、「ミニ食パン」といった人気の新商品も販売され、たくさんの市役所利用者や市職員が買い求めました。用意した米粉パンは好評のうち、昼時に完売しました。

 JA岡山パン工房代表の藤井さんは「パネル展には毎年出店させてもらっている。米粉パンを作り始めて10年目。おなじみのお客さんも多いので、今後も美味しい米粉パンを作り、米と米粉の地産地消に協力したい」とPRしました。

 JA岡山パン工房の米粉パンは、JA岡山農産物直売所はなやか西店をはじめ、はなやか中央、東、南、津高、一宮店のほか、天満屋岡山本店で販売しています。

このページの内容については…