広報担当ブログ

2013年11月23日

黄ニラふれあい祭 大盛況

開会宣言

JA岡山黄ニラ部会は11月23日、第4回「黄ニラふれあい祭」を岡山市北区玉柏の黄ニラ出荷場で開催し、1500人以上の買物客が訪れました。

たくさんの企業が出店

同祭は岡山が出荷量全国1位を誇る「黄ニラ」をPRするイベントです。

今回は同部会が認定した黄ニラ料理を提供する10の店舗・企業が参加し、黄ニラを使った「黄ニラばら寿司」などの加工品を販売しました。

また香菜や根菜の生産者も模擬店で採れたての野菜を直売し、祭を盛り上げました。

旭川の川がに

今回初めて旭川の川がにも販売されました。

黄ニラ大使バイク

祭の中で披露された黄ニラ大使の愛車です。
いたる所に黄色のパーツが用いられ、細かいディテールも…。

黄ニラ大使とマシン

黄ニラ大使の植田さんとマシン。
この姿で黄ニラのほ場へ向かうそうです!

川がに入り黄ニラ味噌汁を振る舞う生産者

会場では同部会の若手生産者がそれぞれの個性に合わせたカラフルなツナギを身に着け、イベントを進行。先着120人に「おもてなし券」を配り、地元で採れた川がにを使った「川がに入り黄ニラ味噌汁」を振る舞いました。来場客は準備された様々な黄ニラ料理を心ゆくまで味わっていました。



同部会の伏見部会長は「年々来場客が増え、黄ニラの知名度が上がったことが実感でき嬉しい。これから黄ニラの旬の時期を迎えるので、自信を持って出荷を頑張りたい」と意気込みを話しました。

このページの内容については…