広報担当ブログ

2013年11月19日

地元中学校の職場体験受入

バックヤードで働く佐々木さん

 JA岡山では、地域貢献の一環として、小・中学校による職場体験を受け入れています。岡山市東区南古都の岡山市立上道中学校は11月19日~22日、2年生全員を対象に職場体験の授業を実施し、消防署や地域の飲食店などが受け入れました。
 JA岡山上道支所は同校生徒2人を受け入れ、隣接する農業資材店と、長船地区の同JA農産物直売所はなやか長船店でそれぞれ職場体験を行いました。
 はなやか長船店に配属された佐々木翔さんは、同店のバックヤードでの作業や商品出し、レジでの袋詰めを体験しました。午前中は小豆を計量し、小袋に詰めて商品棚に並べました。その後、キャベツの芯を切り、ラップやテープを巻きました。午後は同JA長船資材店で倉庫から肥料を運ぶなど熱心に作業しました。
 指導した店員は「生徒達は真面目に仕事をしてくれた。職場体験は地域の大人と接するとてもよい機会。今後も社会経験を積んでもらいたい」と話していました。

このページの内容については…