広報担当ブログ

2013年10月21日

牧石小学校の児童が稲刈り体験

稲刈りを指導する青壮年部員

当JA管内の牧石地区で1021日、岡山市立牧石小学校の5年生の児童ら50人が稲刈りを体験しました。

前日夜から雨が降っていましたが、明け方から天候が回復し、稲刈りができることに。

児童らはJA岡山青壮年部員やJA職員の指導により、鎌の使い方を教わったり、ケガのないように安全に気をつけるように指導を受け、作業を分担して「アケボノ」の稲を刈り取りました。

 稲刈り後、JA岡山女性部牧石地区のメンバーから、この日の朝ついた紅白餅がプレゼントされました。同女性部の秋山さんは「皆とても真面目に稲刈りしたので嬉しかった。牧石地区の米や野菜は他県でもおいしいと言われるほど。地元産の農作物に親しみ、将来生産者になる人が出てくれば」と話していました。

このページの内容については…