広報担当ブログ

2013年10月20日

足守メロンまつり盛大に開催

足守メロンまつり

JA岡山管内の岡山市北区足守の近水園・町並み保存地区一帯で10月20日、足守地域活性化推進事業実行委員会が第24回足守メロンまつりを開催しました。

地域の特産品である足守メロンや足守なす、間倉ゴボウなどが市価よりも安価に販売され、雨にもかかわらず多くの家族連れで賑わいました。

JA岡山足守メロン部のテントでは、開店と同時に長蛇の列ができ、用意していた約2200玉のメロンが短い時間で完売しました。

足守なす部のテント

会場では、農産物の販売に加えて足守メロンなどの試食も行われ、JA岡山足守なす部のテントでは生産者お手製の足守なすを使った浅漬けなどが振る舞われました。

JA岡山女性部足守支部のテント

JA岡山女性部足守支部が山菜おこわ、テンペコロッケなどの加工品、JA岡山パン工房が米粉パンを販売しました。

投扇興

大名屋敷では、投扇興(とうせんきょう)の体験コーナーがありました。
投扇興は日本の伝統的な対戦型ゲームです。桐箱の台に立てられた「蝶」と呼ばれる的に向かって広げた扇を投げ、その扇、蝶、枕によってできる形を、源氏物語や百人一首になぞらえて採点し、得点を競う遊びで、同地区で伝統工芸を手がける岡嶋邦義さんが広めています。

ボランティアの中学生が体験しているのを見学しましたが、なかなか奥深いようで、楽しそうでした

このページの内容については…