広報担当ブログ

2013年10月07日

「県の食と農業・農村を守る活動PRキャラバン」

キャラバン先導カー

JA岡山、JA岡山中央会、JA全農おかやま等で構成されるJAグループ岡山は10月7~8日の2日間、環太平洋連携協定(TPP)参加反対を訴える「県の食と農業・農村を守る活動PRキャラバン」を行いました。

キャラバン隊はJA岡山県青壮年部協議会、JA岡山県女性組織協議会、JAグループ岡山の役職員で構成。2日間で県内を1周し、各JA農産物直売所などを訪れ、TPPが農林水産業をはじめ、医療、金融、保険、雇用などのあらゆる分野に影響を与える問題であることを県民に訴えました。

味彩館Aコープたかまつ前

同キャラバンは岡山県農業会館で出発式を開催。
その後、味彩館Aコープたかまつ前で活動し、他JA管内でも呼びかけを実施しました。
翌日、味彩館Aコープ西大寺前で活動を締めくくりました。
活動にはチラシ1,500枚やティッシュペーパー900個を用意して、県民に手配りしました。

TPP反対を呼びかける青壮年部員

隊員はTPP反対のメッセージを書き込んだJA青壮年部の旗やTPP断固阻止を訴える横断幕、のぼりを掲げながら「TPPについて知ってください」「TPP参加を阻止し岡山県の食・農業・農村を守ろう」と県民に呼びかけました。

このページの内容については…