広報担当ブログ

2013年08月24日

ぶどうの里古都ふれあい祭り開催!

ブドウを買い求める来場客の皆様

岡山市立古都小学校で8月24日、「ぶどうの里古都ふれあい祭り」が開催されました。これはぶどうの里古都ふれあい祭り実行委員会が8年前から始めたイベントです。同地区の特産品であるブドウを広めるため、ブドウ生産者や町内会、各種団体の協力のもと実施されています。当日は雨でしたが、たくさんの来場客が訪れました。
 オープニングイベントでは、古都ちびっこ太鼓が披露された後、開会のテープカットが行われました。来場客でブドウ購入希望者には事前に整理券が配られ、購入場所が混雑しないように配慮されました。また、贈答用の配送受付も準備され、多くの来場客が利用されていました。JA岡山西大寺ぶどう部会古都支部が準備したピオーネ、オーロラブラックを中心としたブドウ350ケースは飛ぶように売れ、1時間で完売しました!
 その後、各種団体による模擬店ではカキ氷などの食べ物が販売されたほか、射的ゲームやカラオケ大会、盆踊りが行われ、来場客は楽しいひとときを過ごしました。
 同実行委員会の横山洋委員長は「古都地区は昔からのブドウ産地。地域住民が集まってブドウとふれあい楽しみ、絆が深まっている。今後も盛り上げていきたい」と話していました。

このページの内容については…