広報担当ブログ

2013年08月11日

女性部西大寺支部が西大寺朝市でブドウPR

女性部加工品を買い求める買い物客

 岡山市東区役所などが構成する西大寺朝市実行委員会は8月11日、東区向洲の向洲公園で「西大寺朝市」を開催しました。朝市は平成4年3月に始まり、5月、8月、12月、3月の第3日曜日の年4回開催しています。

 同園は西大寺観音院の東側に隣接し、スポーツ・文化・レクリエーションの場として親しまれており、朝市にも毎回たくさんの買い物客が訪れます。今回はお盆ということもあって、約1000人の買い物客が訪れました。

 当日はJA岡山東部第1営農経済センターが出店し、お盆の贈答用に西大寺産のピオーネ、シャインマスカットを販売しました。隣に女性部西大寺支部も出店し、加工品の「ぶどうシラップ」と「ぶどうジャム」を販売したほか、「ぶどうシラップ」を使った冷たい「ぶどうジュース」を販売して猛暑の中訪れた買い物客に喜ばれました。


 同支部の藤原忍さんは「ブドウの売り出しに合わせ、加工品でPRするため参加した。ブドウ農家の方も頑張って出荷しているので、多くの方に食べていただきたい」と話しました。


 同朝市は、次回12月8日開催予定です。

このページの内容については…