広報担当ブログ

2013年07月31日

今支所の玄関先に農園が誕生!その名も『今のうえん』

近所の児童らと記念撮影

 JA岡山今支所の玄関先に、農園が誕生しました!その名も「今のうえん」。同支所職員全員が栽培管理を手がけ、良質な農産物を栽培することで営農指導力を高め、JAらしさをアピールしていきます!
 「今のうえん」は、同支所の職員が6月末に早朝から玄関先の花壇を耕起し、5月に種子から育苗した苗を、移植したもの。緑のカーテンとしてのアサガオと、キュウリを植えました。「今のうえん」の看板も手づくり。緑のある風景に、支所を訪れる利用者からも好評です。キュウリは収穫し、来所した利用者におもてなしをする予定です。
 支所に農園を作る取り組みは小串事業所、財田支所に続いて3支所目です。今後他の支所にも広げられたら、と同支所の大西賢一支所長は考えています。
 大西支所長は「JAらしいコンセプトで取り組んでいる。常にホスピタリティ(おもてなしの心)を持って利用者に喜んでもらうことはもとより、JA職員に営農指導力があることも示すことができる。ぜひたくさんの利用者に支所を訪れていただきたい」と話しました。

このページの内容については…