広報担当ブログ

2013年06月13日

小学生が田植え体験!

 

 JA岡山管内の興除地区で6月13日、岡山市立東疇小学校の2年生57人とボランティアの保護者10人が、小学校すぐそばの原﨑弘視さんのほ場で田植えを体験しました。
 この田植え体験は、弘視さんのおじの原﨑勝次さんが20年以上前から続けている取り組みです。弘視さんが同校のPTA会長を務めている時に、勝次さんと相談し、地域の児童に田植えや稲刈り体験を通じて農業に親しんでもらうことを目的に始めました。農道沿いのほ場のうち、約5アールを学童農園専用として使用します。ほ場には学童農園の看板を立て、登下校時に稲の様子を見て、生育の観察ができます。

原﨑勝次さんの指導で、田植え綱に沿って田植えする児童ら

 児童らは、勝次さんの説明を受けた後、2班に分かれて田植えに挑戦。田植え綱の印に沿って「アケボノ」の苗を丁寧に植え付けました。児童らは裸足で水田に入り、歓声をあげて泥の感触を楽しみながら熱心に田植えをしていました。
 原﨑勝次さんは「地域の児童が農業に親しんでくれ、感想文をもらうなど、児童らとのふれあいが楽しいので継続して取り組んでいる。今後もずっと続けたい」と笑顔で話してくださいました。
 10月には稲刈り体験をし、特別給食として全校生徒で食べる予定。他にも5年生が稲わらでお飾りを作るなどの行事を予定しています。

このページの内容については…