広報担当ブログ

2013年05月29日

JA共済連岡山が介助犬デモンストレーションイベント開催!

冷蔵庫からペットボトルを取り出す介助犬

 JA共済は地域貢献活動の一環として、交通事故等によって障害を負った人の社会復帰の応援のため介助犬の育成・普及支援活動を行っている中、介助犬の認知度を高めるために介助犬と参加者が触れ合うイベントを開いています。
 JA共済連岡山は5月29日、JA岡山西大寺支所で開催された同JA助け合い組織かがやきの第13回通常総会の中で、介助犬のデモンストレーションイベント「ガンバレ!介助犬!JA共済はたらくワンワンランド」を開催しました。現在25頭の介助犬を訓練している愛知県長久手の社会福祉法人日本介助犬協会介助犬総合訓練センター~シンシアの丘~から、介助犬「レディ」と森田英守センター長ら3人の職員を招き、介助犬についての説明や、同協会の活動の紹介、介助犬の仕事紹介のデモンストレーションを披露しました。これは岡山県で初の試み。同協会は第二種社会福祉事業として介助犬育成事業を行い、介助犬は障害者へ無償貸与しています。
 介助犬は肢体不自由者の手足となり、靴や靴下を脱がせたり、電話や新聞、リモコンを持ってきたり、落としたカギやコイン、カードを拾う等の手助けをします。また、冷蔵庫を開けて飲み物を持ってきたり、ドアや窓を開ける、買物を手伝う、エレベーターのボタンを押すなど人の助けが必要だった部分を補うので、肢体不自由者自身が自分で生活できる気持ちになれるので、自信につながります。

介助犬の訓練を熱心に見つめる参加者

 デモンストレーションでは、センター職員が車椅子に乗って、介助犬レディに、落としたカギを拾う、靴と靴下を脱がせてカゴに入れる、携帯電話を持ってくる、冷蔵庫を開けて飲み物を持ってくる、など実際にさせて参加者に披露しました。また、ほめて覚えさせる訓練の様子なども実演し、参加者らは拍手するなど大変興味を持ち、質問等を積極的にされていました。

 イベント進行を担当した同センター広報部の柴原永佳さんは「岡山県ではまだ介助犬を利用している方はいないので、もっと介助犬をPRして、利用してくれる方、応援してくれる方が増えると嬉しい。障害者が暮らしやすい社会づくりのきっかけになれば」と意気込みを話してくださいました。

このページの内容については…