広報担当ブログ

2012年12月の一覧

アンパンマンショー

平成24年12月15日(土)、岡山市灘崎文化センターでJA共済アンパンマン交通安全キャラバンが開催され、多くの親子連れが訪れました。

これは管内の方に約1時間のアンパンマンのキャラクターショーを見てもらい、楽しみながら交通安全を学んでもらうのが目的です。

親子らは、ショーのほかにもぬり絵を楽しんだり、アンパンマンキャラバントラックを見て記念撮影をしたりしていました。

品質の確認をする部会員

足守地区でブプレウラムの出荷が順調に続いています。同地区でブプレウラムを作っているのはJA岡山足守花卉部の皆さん。

今年のブプレも花色の鮮やかなものに仕上がりとても綺麗です。出荷は岡山や関西、東京の大田などへ向け、5月上旬まで続く予定です。

ブプレウラム

ブプレウラムは、1本に黄緑色の花をたくさんつける、せり科の一年草で、フラワーアレンジメントなどの素材として注目されています。

 

 

ラメ付きのブプレウラム

また同部では、ブプレウラムに「ラメ」を付けた「ラメ付きブプレ」の販売にも取り組んでいます。ラメを付けることでゴージャス感が出て、これからのクリスマスにもピッタリ♪光に当たるとキラキラしてほんと綺麗なんですよ~!

 

ブプレウラム生産者

同部では、新規就農者向けの現地見学会なども積極的に企画しています。皆さん少しでも興味のある方はぜひ一度、話を聞きにきてくださいね♪

 

切り方を指導するベテラン部員さん

JA岡山女性部が岡山市サウスヴィレッジで女性大学「なでしこカレッジ」第4講を開き、岡山県の郷土料理「ばらずし」づくりに挑戦しました。

ゴボウのささがきに挑戦

受講生のほとんどは、ばらずしづくり初心者。ベテラン部員から作り方を教わりながら一生懸命料理していました。

錦糸卵をつくる受講生

「ばらずし」といえば錦糸卵!!フライパンの上に卵を薄く延ばして焼いていきます。

残念な錦糸卵

初心者が作るには少し難しいようです(笑)。

切る前の上手に完成した錦糸卵

失敗にもめげず受講生の皆さん段々と腕を磨いていきました。見てください。この上手に焼けた錦糸卵。やはり経験あるのみですね♪素晴らしいです。

酢飯を冷ます受講生たち

「ばらずし」の上にのせる具材の準備ができたらお次は酢飯の準備です。

具材をのせていく受講生たち

刻んだレンコンやゴボウなどを入れて酢飯を用意。そしてみんなでさっき作った錦糸卵などをのせていきます。

完成した「ばらずし」

料理を始めてからおよそ2時間。見事岡山県の郷土料理「ばらずし」が完成しました~!!とっても美味しそう♪

いただきま~す!

作り終えた後、みんなで「ばらずし」を試食しました。「いただきま~す♪」

みんなで食べると美味しさ2倍!広報担当員もペロリと食べちゃいました。受講生の皆さんこれで女子力もアップしたはず!?半日お疲れさまでした。

 

愛宕梨を選果機の上に慎重に並べていきます

JA岡山一宮選果場果樹部会なし部では今年も美味しい愛宕梨の出荷が順調に続いています。

光センサーを通って糖度を測ります

同部では県内で唯一、梨の選果に光センサーと重量測定器を使っています。これらを使うことで甘さや大きさなどの品質を統一。規格に合わない梨は除かれるので、同部の愛宕梨は全部と~っても美味しいと人気なんですよ♪

丁寧に箱詰めしていきます

光センサーなどでロイヤル、クイーン、エースなどと等級分けされた愛宕梨を部会員やパート従業員らが一つ一つ丁寧に箱詰めしていきます。

愛宕梨

今年は天候に恵まれたおかげで平均糖度は13度と甘く、大きさなども上々のできだそう。広報担当員も試食しましたがほんとに瑞々しくて甘くて美味しかったです♪

一宮選果場果樹部会なし部のマーク

ちなみに同部のマークって皆さんご存知ですか?

一に○で一宮選果場果樹部会なし部って意味なんです!!このマークがついていれば光センサーなどを使って梨の選果をしている同部の梨っていうことなんです。

一宮選果場果樹部会なし部の愛宕梨を皆さんぜひ一度試食してみてください♪

同部の愛宕梨は、県内のデパートやはなやか津高店、フルーツ王国一宮直売所などで買うことができます!!一宮直売所には愛宕梨のバラ売りもあるので「たくさんはちょっと・・・。」という人でも気軽に買うことができます!!皆さんぜひ一度一宮・津高地区の愛宕梨を食べてみてください♪ほんとに美味しいですよ~!!

このページの内容については…