広報担当ブログ

2012年10月03日

「元気で長生きする会」を開催

ポーセラーツでソーサーを作る参加者

JA岡山助け合い組織「かがやき」南支部の妹尾地区では今年度から、地域の男性高齢者を対象としたサロン「元気で長生きするぞ会」を始めました。男性を対象としたサロンはJA岡山管内でも初の試みです。

楽しそうに話をする参加者

この活動は今年6月、同組織の協力会員が地域の男性に声をかけスタートさせ、脳トレや健康教室、健康体操などを月に1回行ってます。現在は、65歳以上の地域の男性高齢者が12人ほど集まり、雑談を交えながらわきあいあいと活動しています。

参加者が作った可愛い柄のソーサー

10月3日には、JA岡山妹尾事業所で、地域の男性高齢者13人が集まり、ポーセラーツでソーサー(カップの受け皿)作りに挑戦しました。参加者は、リンゴやオレンジ、チェック柄など様々な柄の転写紙を好きな形に切って貼り付けながら、オリジナルのソーサーを作りました。

完成したソーサーを手にする参加者

参加者らは「家にじっといるよりみんなで楽しく物を作ったり、話しをするのが楽しい。いつまでもこのサロンが続いてくれたら嬉しい」と話していました。興味のある方はぜひ参加してみてください。

このページの内容については…