広報担当ブログ

2012年04月13日

奇跡のド根性ダイコン

奇跡のド根性ダイコンを披露する秋山さん

岡山市北区牧石地区で4月12日、奇跡のド根性ダイコンが掘り出されました。

これはJA岡山根菜部会の秋山佳範さん(29)のほ場で収穫されたダイコンで、長さが約1.5メートル、重さ11キログラムと超ビッグサイズ!!

奇跡のド根性ダイコンは秋山さんが命名。
理由は、昨年の8月20日にダイコン畑で播種したが、9月3日に台風12号による水害で同地区の多くのほ場が流され、秋山さんのダイコン畑もこの1本以外は全て流されました。
1本だけ残ったことに勇気づけられた秋山さんはその生長を見守ってきましたが、地面からどんどん伸長するので腐らないように盛り土をしていったところ、約1メートルの高さになったそうです。
低温が続いた冬を越え、今回春ダイコンの出荷に合わせ、ダイコンが折れないよう20分かけて掘り出すとこのように見事なダイコンになっていました。
秋山さんは「出荷用の普通のダイコンと同じ種子で、元肥をやって後は盛り土をしたくらい。こんなに大きくなり驚いている」と話しました。

このページの内容については…