アグリキッズブログ

〇スイカほ場学習と人工授粉
5月に植えたスイカの苗がすくすくと成長し、畑いっぱいにつるを伸ばしました。
クラブ生たちは、植え付けから2ヶ月経ち、緑でいっぱいになった畑を見てびっくりしていました。おいしそうなスイカの実もたくさんなっていて、8月に行う収穫に胸を膨らませていました♪
学習後は、良い実をつけるために大事な作業である人工授粉をしました。大きくておいしいスイカになってもらうため一つ一つ丁寧に行いました。

〇チーム対抗スイカクイズ
ちゃぐりん2015年4月号掲載の記事を活用したスイカのクイズをチーム対抗で行いました!
クラブ生たちは、畑で見たスイカの様子を思い出しながら、意見を出し合い、全問正解を目指しチームのみんなで考えました。畑での観察がよくできていたので正解がとても多かったです♪
優勝は、こめっこ軍団!なんと全問正解でした!!

〇瀬戸内学習
瀬戸内地区の歴史、農産物について学習しました。
瀬戸内地区に住むクラブ生でも知らなっかったことが学べたようで、「そうだったんだ!」と驚いていました。また、大きな冬瓜とそうめん南瓜の実物を使った学習を行い、冬瓜の大きさにびっくり!
学習後には、そうめん南瓜の天ぷらと『赤い彗星』という品種のスイカの試食を行いました。
クラブ生たちは、「おいしい!」と言ってたくさん食べ、お皿いっぱいにあったスイカがあっという間になくなりました♪

〇田植え体験
快晴に恵まれ、絶好の田植え日和のなか田植え体験を行いました!
東西2つに分かれて田んぼの真ん中から田植えをスタート!初めて田んぼへ入るクラブ生も多く、田んぼに足をとられてころんだクラブ生もいましたが、みんな一生懸命田植えをしました。
秋には努力して植えた苗が、おいしいお米に実るでしょう♪

〇米作りについて学習
田植え後は、お米について勉強しました。
田植えをしてからおいしいごはんになるまで、どんな作業をしているのか。機械がない時代のお米作りはどうしていたのか。お茶碗一杯にお米が何粒入っているか。など、クイズも交えて楽しく勉強しました♪

〇開講式
 第8回JA岡山「あぐりキッズクラブ」が学長 須々木理事長の挨拶のもと開催しました!
総勢53名のクラブ生が参加し、全9講を行います。スイカとレタスの植え付け・収穫や田植え・稲刈りなどの農作業体験、夏休みに課外授業として果物狩りを予定しています♪

〇担任とチームの発表
 一緒に活動していくチームを発表!クラブ生たちは興味深々!チームごとに担任職員の意気込みも発表してもらいました。

〇自己紹介・名札づくり
 チームに分かれて自己紹介と名札づくり!
自己紹介でみんなの仲を深めたあと、クラブ生たちは、カラフルでおしゃれな名札を作りました。

〇旗づくり
 チームで初めての共同作業!旗に大きくチーム名を書き、その周りにマジックや絵の具を使って果物・野菜を描いたり、手に絵の具をつけて手形をつけたりしました♪
みんなの思いがこもった色鮮やかなシンボルができました。

〇スイカの植え付け・トンネル作り
 JA職員で、農家でもある山本さんの畑をお借りし、50mの畦にスイカの苗を1人1本心をこめて植えました。植え付け後、畦の上に苗を守るための立派なトンネルをみんなで協力して作りました。

第8回JA岡山「あぐりキッズクラブ」は定員となりましたので、4月1日(水)をもちまして募集を締切とさせていただきました。
多数のご応募をいただきありがとうございました。

JA岡山では、農業の大切さを伝えるために、管内の小学生(2年生以上)を対象に「あぐりキッズクラブ」を開催いたします。
※今年度から対象を2年生以上に引き下げました。

牛窓地区のすいか、藤田地区のレタスをはじめ、田植えや稲刈りといった農業体験をご用意しております。
また、8月には、課外授業として果物狩りを予定しております。
盛りだくさんの内容でみなさまのご参加をお待ちしておりますので、是非お申込みください。

募集締切:平成27年4月10日(金)

このページの内容については…