アグリキッズブログ

○稲刈り体験

あぐりキッズクラブ第6回講座は稲刈り体験です。指導課職員から手刈りをする際の稲や鎌の持ち方などについて説明を受け、体験をスタートしました。初めて扱う鎌を慎重に使って刈り、刈った稲を渡されたクラブ生は、穂を落とさないよう切り口を揃え、コンバインで待っている生産者や職員へ運びます。役割を交代しながら1時間ほどで稲刈りを終えました。お米は精米し第8回講座の閉講式でクラブ生にプレゼントされます。今から楽しみですね。

稲刈り1
稲刈り2
稲刈り3
稲刈り3
稲刈り5
稲刈り6
稲刈り7
稲刈り8

○『ちゃぐりん』の朗読

『ちゃぐりん』10月号に掲載の「牛と米のふるさとから」をクラブ生が朗読しました。「新米の話」には、新米と古米の違い、収穫への感謝や喜び、お米の大切さについて書かれています。お米のおいしさについて考える機会になれば嬉しいです。

読み合わせ1
読み合わせ2
読み合わせ3

○販売体験の事前学習とPOP作り

次回の第7回講座では、収穫した野菜を農産物直売所で販売します。その事前学習として、施設の特徴や、出荷を行なう生産者と働く人についての学習と、販売をするジャガイモとニンジンのPOP作りをしました。価格はそれぞれ100円と決め、消費者が買いたいと思うようなPR文句をチームで考え、色とりどりに仕上げました。

産直1
産直2
産直3
産直4
産直5
産直6

○じゃがいもの定植

 あぐりキッズクラブ第5回講座はじゃがいもの定植です。営農指導員から植え付けや管理について説明を受け、畑へ向かいました。
 種いもと同じくらいの深さに土を掘り、種いもを置いて土をかぶせます。当日はあいにくの雨・・・。ぬかるんだ畑で足をとられ、尻もちをついたり、泥んこになりながら作業をしました。

ジャガイモ1
じゃがいも2
じゃがいも3
じゃがいも4
じゃがいも5

○畑のお世話・田んぼの観察

 大きくなったにんじん葉の間引きをしました。間引くことで株間の風通しや日当たりをよくします。
 密集して生えたり、成長の遅い葉を抜くと、小さなにんじんが育っていましたね。間引き菜は、料理の好きなクラブ生数名が持ち帰ってくれました。美味しく食べてくれたと思います。
 この後、田んぼへ稲の成長具合を観察に行きました。分げつして株が大きくなる時期が過ぎ、茎の中に稲穂ができています。出穂が待ち遠しいですね。

間引き1
間引き2
間引き3
間引き4

○チャレンジ!おはぎ

 月末はお彼岸です。今日は『ちゃぐりん』9月号に掲載の「チャレンジ!おはぎ」の中から、「つぶあんおはぎ」と「フルーツおはぎ」を作りました。
 炊き上がったご飯をすりこ木でつき、あんこで包みます。「フルーツおはぎ」にはシャインマスカットを使いました。丸く形を整えて出来上がり。持ち帰って、ご家族にも出来上がりを見てもらいました。春のお彼岸にはイチゴなどで作ってもらいたいです。

おはぎ1
おはぎ2
おはぎ3
おはぎ4
おはぎ5

2018年08月04日

第4講「課外授業」

JAまにわとの交流

JAまにわ「あぐりにこにこスクール」のスクール生と交流会を行なうため蒜山 へ。保護者の皆さんに見送られ元気に出発しました。バスの中では野菜の学習をしたり、チーム毎に担任の先生の似顔絵を描くなどして過ごし、あっという間に主会場となる平成の森ドームへ着きました。
JAまにわとの交流
JAまにわとの交流
JAまにわとの交流

開式

JAまにわ「あぐりにこにこスクール」の矢谷校長とJA岡山「あぐりキッズクラブ」の山本副学長に挨拶をいただき、交流会はスタートしました。チーム毎に整列し元気に挨拶を交わしたあと、記念の集合写真を撮影。楽しい一日になりそうです。
開式
開式
開式
開式

ミニトマトの収穫体験

車窓からの景色を楽しみながらミニトマトの圃場へ到着。もぎ取り方を教わりビニールハウスへ入りました。ハウスの中は真っ赤に熟れたミニトマトが鈴なりで、美味しそうな粒を選び、つぶれないようパックに詰めて持ち帰りました。
ミニトマトの収穫体験
ミニトマトの収穫体験
ミニトマトの収穫体験
ミニトマトの収穫体験
ミニトマトの収穫体験
ミニトマトの収穫体験

トマトの選果場見学

きれいに箱詰めされたトマトがベルトコンベアの上を流れていきます。ここは蒜山周辺の農家さんが収穫したトマトを運び込み、サイズに合わせて箱詰めし、出荷を行う施設です。箱の中のトマトは、普段食べているものに比べて少し青みがかっています。これから追熟し、食卓に上るころ赤くなるそうです。
トマトの選果場見学
トマトの選果場見学

地元女性部さんの手作りカレー

お昼ごはんに平成の森ドームへ戻ると、地元女性部の皆さんがカレーを作って待っていてくれました。お皿にカレー、サラダ、とうもろこしが彩りよく盛り付けされて、とても美味しそう。そして皆で食べるカレーは格別でした。
地元女性部さんの手作りカレー
地元女性部さんの手作りカレー
地元女性部さんの手作りカレー

スイトンの色付け体験

「悪いことをたくらんだり、他人に迷惑をかけたりした者は、どこからともなく“スイー”と現われ“トン”と一本足で立った怪物「スイトン」に引き裂かれて食われてしまう…」という昔話が蒜山地方に残っています。今日はスイトンの顔を自分好みに色づけしました。みんな出来上がりに満足の様子です。
スイトンの色付け体験
スイトンの色付け体験
スイトンの色付け体験
スイトンの色付け体験
スイトンの色付け体験

JAまにわの時間、JA岡山の時間

JAまにわの時間では、とうもろこし1本に実が何粒ついているか、数当てクイズが出されました。予め芯から外した粒を数えると、600を越える粒がありましたね。予想していた数より多くあったようです。JA岡山の時間では、岡山県農畜産物ビンゴゲーム。手作りのビンゴカードを使って、ジャージー牛や山の芋の銀沫(ぎんしぶき)、黄ニラや白桃など、40種類の特産品を紹介しました。
今日の課外授業では、食や農について学ぶ仲間と知り合うことができましたね。将来、農業に関わる場所で再会してもらえたらと思います。
JAまにわの時間、JA岡山の時間
JAまにわの時間、JA岡山の時間
JAまにわの時間、JA岡山の時間
JAまにわの時間、JA岡山の時間
JAまにわの時間、JA岡山の時間

○にんじんの種まき
 あぐりキッズクラブ第3講はにんじんの種まき体験です。生産者の秋山さんに植え方の説明を受け、さっそく畑へ。畝(うね)に沿ってスジを付け、一粒一粒大切に種まきをしました。初めての井戸のポンプにクラブ生は興味津々(きょうみしんしん)。ジョロにいっぱいの水で水やりをしました。
 畑から数分の田んぼの観察へ。道から田んぼをのぞきこみ、ジャンボタニシやオタマジャクシを見つけました。

にんじん1
にんじん2
にんじん3
にんじん4
にんじん5

○お米と田んぼの学習
 指導課の営農指導員から「岡山のお米」について教わりました。 イネの籾(もみ)から籾殻(もみがら)を取り除いた状態のものが玄米で、玄米を精米するとお米になります。手にとってその違いを見比べました。
 「ちゃぐりん」8月号を使った田んぼのクイズでは、正解をパズルに色塗りし、田んぼアートに仕上げました。どのチームも良くできていましたね。

お米と田んぼの学習1
お米と田んぼの学習
お米と田んぼの授業3
お米と田んぼの授業4

○田植え
 7/7大雨の影響で第2講は中止となり、田植えを楽しみにしていたクラブ生の皆さん、残念でしたね。
 雨が上がり、7/9担任の先生数名と事務局で田植えを行ないました。イネはすくすくと育っていますよ。

田植え1
田植え2
田植え3

このページの内容については…