このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

概要

JA岡山の組織についてご説明いたします。

コンプライアンス基本方針

 国内外における社会経済情勢の変化等によりJA岡山の運営のあり方そのものが強く問われています。JA岡山は協同組合として基本的使命と社会的責任を負っており、法令遵守を他企業以上に徹底することが求められています。そのために自己責任原則に基づき徹底した自己規律・自助努力のもと、法令等を遵守しディスクロージャーと説明責任を重視した透明性の高い業務運営を行っていきます。現在、JA岡山はコンプライアンス経営の徹底を目指し、次の事項に取り組んでいます。
  1. コンプライアンス・プログラムを策定し、コンプライアンス実践計画を明確化しています。
  2. コンプライアンス統括部署を設置し、体制強化を図っています。
  3. 各部署にコンプライアンス担当者を選任し、コンプライアンス風土の醸成に努めています。
  4. コンプライアンスに関する役職員研修を実施し、対応強化を図っています。
  5. 組合員等利用者の正当な利益の保護と利便の確保のため、相談・苦情等に対応する部署を定め、適切に対応しています。
  6. 社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対しては、確固たる信念をもって、排除の姿勢を堅持しています。
  7. 適正な人事ローテーションを実施し、不正の防止に努めています。
  8. JA内部の不正に対し懲戒委員会要領等に基づき、厳正に対処しています。
  9. 情報開示に努め、ディスクロージャー誌を各事務所に備えおき、利用者がいつでも情報を入手できるようにしています。

このページの内容については…